あじさいの杜鍼灸院について

ようこうそ、あじさいの杜鍼灸院へ

あじさいの咲き誇る愛媛県東温市「惣河内神社(そうこうちじんじゃ)」で私は生まれ、60余年が経ちました。

幼少の頃より、宇宙、水、気…自然の摂理に抗わない生き方をしてまいりました。

それは、「歪み」を抱えた人のカラダに「癒やし」を施すための長い修行期間だったと思います。

そして、この愛媛県松山市に「あじさいの杜鍼灸院」を開業するに至りました。

心地よさを追求したカラダに優しい施術を通して、皆々様の健やかなる人生を応援いたします。

2016年7月11日
院長 佐伯 弘

院長プロフィールはこちら

 

当院では、腰痛、肩こり、頭痛、坐骨神経痛、股関節痛、顎関節痛などの「慢性症状」、ねんざ、打撲などの「急性症状」を診療いたします。また、妊婦さんの逆子にも対応いたします。

その他、お体の不調、病院や他院で改善されなかった諸症状などをお抱えの方は、どうぞ当院にご相談ください。

当院は、自然木をふんだんに使った森林浴効果の高い心安らげる空間です。

施術は、「操体法」という民間療法をベースに、「天城流湯治法」、「鍼灸治療」などを患者様に合わせ施術いたします。

 

「操体法」
橋本敬三医師(1897〜1993)が、考案された日本独自の医学です。
食べること、息をすること、動くこと、想うことには、それぞれ自然の法則があり、それに従った生き方を提唱しています。ただし、その生き方は100点満点でなくてもいいのです。
逆に、満点を目指すとストレスが生じてしまいます。ガンバラズ、ヨクバラズ、イバラズ、シバラズ60点以上の楽な生き方を旨としています。当院では、特に動きの自然の法則を学びながら、自己治癒力や免疫力を高めるお手伝いをいたします。
治すのは、ご自身のカラダ。
普段の生活習慣のため、いつの間にか生じたカラダの歪み。
それを元に戻せばいいのです。そのためには、カラダの声に耳を傾けて、しっかりと感じ、心地よい方向に身を委ねればいいのです。
これは、何も難しいことではありません。
考えないで、ただ感じるままに身を置けば、カラダが勝手に治しのスイッチをいれてくれます。当院では、その指導と処方箋を提供いたします。
「天城流湯治法」
天才・杉本練堂先生が独自に開拓した治療法。
骨と筋肉をつないでいる筋膜を刺激し、剝がすことで、骨や筋肉本来の動きを円滑にする方法。
操体法と同じく、自分一人でも出来る操法です。
その結果、血流、リンパ、気の流れが良くなり自己治癒力、免疫力が高まります。また、この操法の特徴は、症状のある箇所から離れたところの筋膜を剝がすことで、バランスを整え、症状を緩和します。
方法は違いますが、操体法と同じ考え方です。
「鍼灸治療」
中国4000年の歴史から生み出された東洋医学。
腹診、舌診等を通し、患者さんのニーズにそって施術を行ないます。
特に腹診を重視する積聚(しゃくじゅ)という方法は、腕や脚のツボを刺激し、全身のバランスをとっていきます。
この方法も、操体法と同じアプローチです(鍼灸が嫌な患者さんには、指で皮膚にアプローチする方法で対応できます)。また逆子治療には、灸が非常に効果的です。