院長プロフィール

佐伯 弘(さいき ひろむ)

1954
愛媛県東温市、惣河内神社(そうこうちじんじゃ)社務所で生まれる

jinja

小学校時代は、境内の広場や御神木のウラジロガシの周りで、友達の顔が見えなくなる夕暮れまで遊んでいました。夕陽を見て「もう遊べん…」と泣きながら家に帰ったものです

image1
1972
法政大学経営学部に入学するも3ヶ月で退学し、美術の道へ方向転換

1974
筑波大学芸術専門学群に入学

早朝は、新聞配達のアルバイト、昼間は、彫塑を専攻し、粘土や石と格闘し、夕方は硬式野球部で汗を流し、夜は大石膏室でデッサン。

image2

image3

1978
筑波大学大学院に在籍中、ニューヨークへ渡る

石と鉄で構築された遠近法の街並みに、西洋の歴史、文化が集約されていることを体感する
その瞬間、木もれ陽、映る障子を背にした俳人・書家であった祖父の姿が目に浮かぶ

「オレの遺伝子には、西洋文化は入っとらん 大学で習った西洋の彫刻は、オレには関係ない 書道や俳句ような、一瞬で空間を創り出す、簡潔な造形を見つけよう しかも、石や鉄ではない木を素材として…」と心に決める

帰国後、すぐに「木の瞬間アート・積み木」を始める

hiromu_tsumiki013
(撮影:畠山直哉氏)

1980
ロバート・スミッソン奨学金を得て、Brooklyn Museum Art Schoolに入学

東京ビデオフェスティバルで「積み木」佳作入選
(2年後、ニューヨーク公立図書館所蔵となる)

ビデオアートの創始者、ナムジュン・パイク氏と出会い、アシスタントとなる
当時のニューヨーク・ソーホーは、治安が悪く地下鉄の落書きアートが全盛期
キース・ヘリング、バスキア、ジュリアン・シュナーベルらが活躍
日本人アーティスト、靉嘔氏、篠原有司男氏らと交流

image4

1981
最も流行っていたデイスコ、ダンステリアで「Museum of the night」を企画
Poppo Shiraishi,Eldad Ziv,John Zoneらと共演

1982
帰国し再び大学院へ

1984
大学院を中退

滋賀県の湖南病院(精神科)で芸術療法課勤務
絵画療法、太極拳、野口体操等を指導
東京から境信一先生をお招きし、東洋医学の勉強会を1年間企画
この頃に橋本敬三医師著「からだの設計にミスはない」に出会う

image5

ナムジュン・パイク展都美術館のTVガーデン担当

1986
土方巽追悼舞踏フェスティバルに石井満隆氏招待される
アシスタントとして、ベルリン・クンストラハウス・ベターニアンに同行

1986
”International Street Theater Festival in Jelenia Gora”(ポーランド)に積み木アーティストとして参加

1987
湖南病院にて、積み木を中心としたイベント開催
舞踊家・岩下徹氏を招待

2年間、保育園の体操指導者として勤務

1990
茅葺きの里、京都・美山町に移住

1995
個展「積み木の杜」アンダーソンギャラリー(ニューヨーク)

1999
イギリスの茅葺き職人を招待し、日本初の英国式の茅葺き屋根にする

2001
橋本敬三医師の弟子・三浦寛先生に弟子入り

image7

2003
京都・美山町で操体師として開業
京都市内への出張などする

Sketches-5

2004
スペイン・マジョルカ島のジョアン・ミロ美術館で2ヶ月(artist in residence)「操体アート」を行う
15〜16名の子供達を2週間ずつ2組のワークショップ
2週間後には、全ての子供のからだの歪みが正される

spain_m

2006
アメリカ・ケンタッキー州、バーンハイム美術館にて個展
2ヶ月滞在(artist in residence)「バーンハイム神社」という空間を演出

hiromu_newspaper

2009
東京医療専門学校鍼灸科入学

2012
東京医療専門学校鍼灸科卒業、鍼灸師の国家資格取得

Sketches-6

2012-2014
東京医療専門学校鍼灸科研修所にて鍼灸師として勤務

Sketches-9

2014-2015
今操体医学院修了

2015
天城流湯治法湯治士補の資格取得

2012-2016
あしカラダ(リラクゼーション)でパート勤務

2016
「あじさいの杜鍼灸院」開業

Sketches-1