くつ下が履(は)けなかった50才代女性の続報

くつ下が履(は)けなかった50才代女性患者Bさんの続報

前回の治療では、左の股関節が痛くて、くつ下が履(は)けなかったのが履けるようになりました。今回もやはり気になるのは、左股関節。痛みの範囲が狭まっていますが、股関節の外側に痛みがあります。

カラダはある箇所に負荷がかかると、対角に位置する箇所に負荷を散らします。そこで、左股関節の対角に位置する右肩関節の圧痛点を探す事にしました。すると、

「痛った❣️・・・もの凄く痛いです。」

「私が19才のとき、バイクに乗ってて車と衝突。随分飛ばされて、右肩から落ちて1ヶ月入院しました。あの時の後遺症はあると思います。」

どうやら、その時の古傷が左股関節にも影響しているようです。まずは、 右脇の圧痛点に指を軽く触れて様子を探ります。この治療法はカラダが様々な現象を起こして(例えば、ある箇所が軽くなったり、熱くなったり、痛くなったり、光がみえたり・・・)治ることがよくあります。

「私は、18才の時にも交通事故に会ったことがあります・・・」

突然、Bさんはその時の超常現象について、話してくれました。皮膚への軽い刺激は過去の記憶を蘇らせることも多いのです。

今度は、右母指球。丁寧に探ると、

「痛った❣️そこ、めっちゃ痛いです。痛った❣️」

これほど痛みを感じるならば、直接鍼を刺すのがベストです。4カ所にしっかり刺しました。今度は、肩の筋肉(三角筋前部繊維といいます)に鍼を刺します。

「先生、それさっきの親指にピリピリ来てます❣️凄い来てます❣️」

右親指から右肩そして、左股関節までがつながって影響しているようです。

「はい、それではゆっくり起き左の股関節をチェックしてください。」

「あぐらがスムーズにかける❣️痛みの箇所が1/3くらいになっています。」

一週間後に来院の予約をして帰られました。

自主性が大切

スキー大好きな60才代の男性患者Aさん。先週スキーでお疲れ。そこで朝、温泉に入ってからの来院。

スキーを履(は)く時、前屈(まえかが)みすると、右股関節がつる時があったそうです。しかし、温泉のジェットバブルが功を奏したのか、股関節は大丈夫。ただ右のお尻(坐骨あたり)に、痛みが現れたそうです。

ボ~っとAさんを見ていると、何となく左胸が気になりました。こういう時は、その感覚に従うことも大切です。気になるところを押すと、

「痛っった❣️痛い、先生そこ。」

そこで、軽く中指を痛い部分に触れることにしました。10~15分経ったので、改めて押さえると、痛さが半減しているようです。今度は、お灸をその周辺に3カ所しました。

ベッドを起き上がると、

「先生、左の小指あたりが気になるんじゃけど・・・」

軽く押圧すると、

「先生、左の股関節に響く❣️」

敏感なAさんは、様々な箇所に響きが伝わるようです。

「ところで、Aさんお尻の痛みは?」

「・・・うん?・・・チョット歩いてみます・・・・アレ?痛くない。先生、痛くないです❣️」

「何が効いたのかな~~多分、お灸じゃないのかな~~。Aさん、今日はこのぐらいにしておきましょう。後は、ご自分でメンテナンス。」

「学校教育と同じで、全部教えるんじゃなくて、あとは自主性に任せるってこと、これが大事なんです。」

最後は、Aさんから教訓をいただきました。

心拍数を減らす方法

心拍数を減らす方法

突然70才の女性患者Bさんから、

「先生、私 、心拍数が多いんですけど・・・少なくする方法あります?」

『これって、自律神経(交感神経と副交感神経)に関わることで、自分でコントロールは、難しいし・・・何て言えば、いいかな~~』と考えながらも、なんとなく喋っていました。

「100m走のスタート前って、ドキドキ💓して、戦う気持ちアリアリでしょう?

あの反対でユックリした状況を作るといいんだけど・・・

まあ~~なかなか難しいですよね。」

「はい。」

「出来るだけ、好きな色、好きなところをイメージするのがいいと思います。」

チョット的外れな話をしました。

これは、操体法の基本理念の一つ「人が生きる上で自己責任を持つ営み」息をする事、食べる事、動く事、想う事に関係していると思います。これら4つの営みは、自然の法則に従っています。その法則に従う度合いが60点(100点満点で)以上ならば、上等です。

Bさんは、心拍数という数値が気になっています。しかし、心拍数はその時々で変化します。しかも、必要があって心拍数が上がっているのです。これは自然の法則であり、逆らえません。にもかかわらず、数値合わせで100点を狙っているように思えます。

60点の方がいいのかもしれません。

好きな色をイメージするのは、4つの営みの中で、想う事。

いい事を想うだけで、カラダはゆるみます。いい言葉を使うだけで、カラダは生き生きしてきます。そんな想いを伝えたくて、

「出来るだけ、好きな色、好きなところをイメージするのがいいと思います。」

と言いました。

紫水晶のマット

家族3人が治療に来られていたのですが、米寿を迎えられたAさんが、4人目で来院。

朝起きた時、右肩が痛くて仕方ないそうです。そこで痛み止めを飲んでいます。

鉄工所を経営されており、毎日8000枚もの鉄板を扱っているため、特に上半身が凝っておられます。

仰向けに寝てもらうと膝が浮いています。そこでクッションを膝下に置きました。

「どうですか?」

「ああ~、楽じゃ。」

足ウラが冷えているので、足ウラに40℃のマットが当たる様にしました。

「足が温(ぬく)いわい❣️」

どうやらこの状態が快適なのか、施術途中からは、Aさん、熟睡です。ベッドには紫水晶を敷き詰めた40℃のマットを敷いています。またこのマットは電磁波をカットしているので、遠赤外線の自然な暖かさです。アメリカや韓国では、このマットを医療機器として認可しています。

天城流では、肩の筋肉(三角筋)痛を母指球の筋膜剥(は)がしと胸にある大胸筋剥(は)がしで治します。私はそれを鍼とお灸に置き換えて治療します。

「はい、起きてみてください。肩どうですか?」

「おお~~、寝てしもた。軽い、肩軽いわい❣️」

冬はこのマット最高です~~

クスノキの積み木揺(ゆ)すり=KTY(仮称)

60才過ぎの働き者の女性患者Eさん。

3ヶ月前に、左脛骨(ケイコツ=膝下の大きな骨)内側、膝頭から3cmくらい下にくさび型の切れ目を入れ、O脚を真っ直ぐに治す手術をしました。

左脚をかばうため、反対の右脚が股関節の外側から外踝(くるぶし)にかけて“気持ち悪い”そうです。

手術というのは、“大怪我”ですから、氷水で冷やす以外、患部に直接治療をする事は出来ません。腹診から始めます。カラダは、正直ですね~~。脾、肝、腎経という足先、足ウラから始まり下肢を上り股関節を経由し、体幹へと流れる経脈にコリがあります。

もう少し、分かりやすく言うと、腹診とは、五臓六腑の五臓(肝臓、心臓、脾臓、肺臓、腎臓)のコリや状態を触診することです。

五臓の内、肝臓、脾臓、腎臓は、足から体幹への流れ、残りの心臓、肺臓は体幹から手への流れなのです。

今回のEさんの場合、股関節が“気持ち悪い”。そして、その通り股関節を流れる肝臓、脾臓、腎臓に反応がありました。「カラダって正直~~❣️」

クスノキの積み木で揺(ゆ)らす方法のみで施術する事にしました。この方法、とりあえずDAIGO風にKTY(仮称ですが・・・)と呼ぶことにします。

基本は、

①平たく切ったクスノキの瘤(こぶ)を必要と思われるカラダの部位に置き、揺(ゆ)する。

②平たく切ったクスノキの瘤(こぶ)をベッドに置きカラダを乗せカラダを揺(ゆ)する。

これを、Eさんとコミニュケーションを取りながらやると、“気持ち悪い”がなくなりました❣️

個々の瘤(こぶ)で私自身に人体実験することが大切な様です。徐々に瘤(こぶ)が鍼に変わりつつあります。

くつ下が、はけない!

50才代の女性患者Bさん。左股関節の前面が痛くて左のくつ下をはく事ができません。

背中も左側の肩甲骨から腰にかけてパンパンに張っています。

まずは腹診。脾、肝、腎経にコリがあります。これらは全て足先、足裏から下肢体幹と流れています。股関節が痛いのもうなずけます。足の大切なツボ(要穴と言います)に鍼を刺して、お腹を緩めます。

今度は、左を上にして横向きになってもらいます。左足首を軽くねじると、

「気持ちいいです~~」

しばらく、気持ち良さの状態をキープしてもらい、徐々に親指で圧痛点を探します。

「痛った❣️」

ありました!そこに鍼を刺して、今度はうつ伏せになってもらい、膝ウラの圧痛点に鍼。

「ゆっくりと起き上がってみて下さい。股関節はどうですか?」

「アレ!足が組めます❣️」

「あ~~良かった!今度は仰向けになってもらえますか?」

左内踝(うちくるぶし)に鍼を刺すと、

「うわ~~肩甲骨の下辺りまで来ます❣️」

しばらく、この状態を続けて股関節の状態を聞いてみました。

「痛みの部分が狭まっています❣️」

今度は、膝ウラの圧痛点(陰谷=インコクというツボ)に鍼を刺しました。

「股関節の外側(大転子=ダイテンシという骨の出っ張り)にビビビッと来てます」

同じ様に、一度立ってもらって股関節の様子を聞いてみました。

「あ~~随分痛い範囲が狭まりました❣️」

「今日は、これぐらいで終わりましょうか!」

Bさん、くつ下もはけるようになりました。良かった、良かった!

クスノキプロジェクト

お正月に「ブラタモリ」と「鶴瓶の家族に乾杯」の合体番組がありました。

場所は、福岡の太宰府天満宮。菅原道真が左遷され亡くなったところです。

「遺体を牛車に運ばせ、牛が休息した場所が墓場」というのが道真の遺言。

道真という天才をねたむ輩(やから)が渦巻く人間社会をあざ笑う遺言。牛に全てを託す。

実に見事です。

牛が休息したのは、クスノキ原生林がうっそうと茂るところでした。牛にとって、疲れた

カラダを癒(いや)す最適のスポット。その場所こそ道真が求めていた安寧のパワースポットだったのでしょう。

この墓が、太宰府天満宮の本殿となったのです。

菅原道真も牛も凄いのですが、この両者を導いたクスノキが凄い❣️

以前にも述べましたが、クスノキから樟脳(しょうのう)ができ、樟脳=カンフル。

つまり、クスノキは、元気の源ということになります。

治療にもってこいのクスノキ、しかも、枝打ちした跡に再生する瘤(こぶ)には、パワーを感じます。

今後とも、クスノキの根っこ、枝、実、樹皮etcを、治療に結びつくプロジェクトとして展開して行きたいと思います。

クスノキプロジェクトの始まりです。

底冷えの京都で(その5)

ピアニストのCさんからLine が入りました。

「おはようございます

打撲、治療可能ですか?

昨日、左手薬指の第2関節を強打❗️腫れは引いてきていますがピアノを弾くと痛い。明日、伴奏の本番と教会の礼拝オルガンがあります。夕方以降、ちら、っとみていただけますか?」

という内容に、

「おはようございます😃それは、大変です。まず、打撲部位を氷水で、気持ちの良い程度(タオルなどを使い)で冷やすことが一番です。

その後は、私がします。16時30分に来れますか?」

と、返信し治療を始めました。

地下鉄の階段を上っている時、前向きに倒れ、瞬間的に左手薬指の第2関節で支えて打撲したそうです。上り階段だった為、体重が全て掛からなかっただけ、不幸中の幸いです。

まず打撲したところを氷水で冷やし、打撲した周辺を軽くつまみ、痛みがある箇所をチェック(撮診)し、赤鉛筆で印します。赤鉛筆で覆われた左薬指から、肘にかけての範囲が負荷のかかった部位となります。

この負荷が対角の右第4趾から膝の外側にかけて同様に現れます。この事をCさんに伝えると、

「あっ、それでだ~~、今朝起きた時、右足のふくらはぎが引きつりそうになった❣️

なんで~~?と思ってたんだけど、納得❣️」

と納得していただき、まず、緊張している右ふくらはぎをストレッチする事から始めます。

十分ほぐれた後、右第4趾の圧痛点にお灸をします。

すると、動けなかった左薬指が徐々に動き始め、小指や中指も動きが柔らかくなってきました。

「これだったら、明日弾ける❣️」

という事で、後は、柔道整復師のむっちゃんにテーピングをしてもらい終了。

演奏の翌日、こんなメールをいただきました。

「おはようございます。

シーネを付けたまま弾く事ができました。終わってから冷湿布で冷やして。

腫れもだいぶん引いてきました。

なぜか今回、怪我の瞬間から冷静な自分がいて「えらいことやっちまったわ❗️」と思いながらも全く慌てませんでした。年の功?

佐伯先生とむっちゃんには感謝感謝❗️

ほんとうにありがとうございました。しばらく調子に乗らずボチボチ練習します。」

底冷えの京都で (その4)

冬の京都は、底冷えがします。

前日の施術が気持ちよかったので、2日続けての施術となった92才の女性患者Aさん。

連日オイルヒーターをフル稼働しているためか、初日に比べると室温が上がっている様です。

まず腹診をします。肝経に圧痛点があるので、太衝(タイショウ)というツボと足臨泣(アシリンキュウ)というツボに3~5壮のお灸。これらは、足の甲にあります。

これで、圧痛点がなくなりお腹が柔らかくなりました。

Aさんは、ベッドで横になり右腕を「腕マクラ」にして、テレビを見ることが多いそうです。そのため肩から腕にかけて痛いそうです。

こんな時は、親指の母指球が痛いはずです。

「痛っい‼️」

「ね~~、ここ痛いですよね。ですから軽く触れるだけにしましょう❣️この治療では、カラダに変化が起こることが、よくあります。何か変化があれば教えてくださいね。」

圧痛点に触れるか触れないかの微妙な指加減。この状態をしばらく続けます。

「足が暖かくなってきました❣️」

「今度は、反対の手のひらが暖かくなってきました❣️」

「首が暖かくなり、全身の血流が良くなった感じです❣️」

今度は、右手薬指の第2関節に、軽く触れます。

「アレ?カラダがふわふわ浮いている感じです。不思議やね~~、昔、海水浴していて、ポカーンと浮いてた感覚を思い出したワ~~。」

「昔、海で浮いた時って、気持ちよかったですか?」

「物凄く気持ちよかったの~~❣️」

「不思議ですね~~カラダって!どうやら、皮膚を通して昔の気持ちのいい感覚が、蘇(よみがえ)って、治っていくことがあるみたいです。」

ゆっくりと起き上がっていただき、右腕を触ってもらいました。

「アレ?痛くない❣️・・・どうしたの?・・・不思議やね~~」

過去の感覚が蘇(よみがえ)って良くなった例です。

底冷えの京都で(その3)

 ピアニストでピアノ指導者でもある60才代の女性患者Cさん。

9ヶ月前から、月1回の治療を受けておられます。ピアニストの指はしなやかなものと、思い込んでいた私ですが、Cさんの指に触れ驚きました。

『固ったー‼️』

そうか、肉体労働指なんだ。考えてみれば、1~2cm指が下がれば鍵盤を弾けるのですから、固かろうが柔らかろうがそれほど関係ありません。やはり、それよりも音楽的な“脳力”が大事なのでしょう。Cさんは、その“脳力”が素晴らしく長けているため、ご自身の感情をすぐさま、言語化しピアノを奏でるように喋ってくれます。

「$ △◉/※£ペラペラ・・・・」

9ヶ月も前のことなので、内容までは覚えていませんが、

『ピアニストだな❣️』

と感じたのであります。さて、それから9ヶ月後の治療。

肩コリ、特に肩甲骨寄りが、固く痛いそうです。いつものように腹診をして、カラダ全体の状態を把握します。消化器系に当たるところに圧痛点があるため、土踏まず辺りにお灸。

これだけで、お腹の圧痛点が緩みます。

お腹が緩むと、ウラにあたる腰も緩んできます。うまくいくと、肩も緩みます。全てつながっているから!

ガラス戸に障子の二重窓でも外気の冷たさには、勝てません。

そのため、お灸治療になります。フカフカの毛布2枚に包(くる)まったまま、右手を出してもらい、親指と人差し指の間(合谷=ゴウコクというツボ)周辺の圧痛点にお灸を7~10壮。

腰痛点(前回で説明しています)にも7~10壮。

ただ、寒さの為か、少々熱めのお灸のようです。

 

「熱っつ🤭、膝から上、鳥肌たつけど・・・後で、気持ちいいからええけど・・・」

Cさんには、少々我慢してもらいます。

「治療を受けるようになって変わったこと、指が動く様になった。私の師匠から、音が変わってきたと言われたことがある。それと、気がついてみると、当たり前に動けるようになっていた。」

ポツリと話しくださいました。

治療家をしていて一番嬉しいお言葉です。

肩も腰も温かくなってきたので、治療終了となりました。