アゴは足

3年前から、頭痛に悩んでいる40才代の女性患者Cさん、ここ3~4回の治療で頭痛を感じない日もあります。

前回の治療は、1週間前の日曜日でした。

翌日の月曜、火曜日は「ちょっと頭、痛いな~~」という感じだったのですが、水曜日の朝から調子が良く、頭も軽い状態が金曜日まで続きました。

ところが、土曜日朝起きた時から、頭が上から押され、その上、後ろから引っ張られる様な感覚の頭痛。松山市内を歩いていても、「ふわあ~」とした感覚に何度もなり、買い物もせず、家に帰ってしまいました。

そして、日曜日の今日、来院。

山元式新頭鍼療法(YNSA)で、合谷診をしながら、頭に13本置鍼。

この時点でで、頭痛が軽減しています。

「今は、どんな状態ですか?」

「痛いというより、重いものがアゴにあるって感じです。」

今回も前回と同様に、ソマトトープ(小さな人型)は、下顎骨を足そのものとします。足とは、踵(かかと)からつま先。横から見ると下顎骨と足は良く似ています。

「アゴの重い感じは、どこですか?」

「ここです。」

Cさんの触れている個所と、Cさんの足とをダブらせると、直ぐに足の圧痛点が見つかります。あとは、その周辺の圧痛点に置鍼。そうすると、Cさんのアゴにある重いものが、ノドの方に移動します。

Cさんのノド側は、Cさんの足ウラに当たります。そこで、足ウラの圧痛点に置鍼して、20~30分ゆっくりしてもらいます。

「Cさん、鍼抜きますね・・・・・・じゃ、ゆっくり起きてください・・・どうですか?」

「楽(らく)です!痛くない❣️」

次回も、一週間後の日曜日に予約して、元気よく帰るCさんでした。

正座ができた!

30才代の男性患者Cさん、3カ月ぶりの来院です。

背中から腰にかけて強い張りがあり、右膝前十字靭帯損傷で、20才代に手術したところに膝痛があります。

山元式新頭鍼療法(YNSA)の合谷診(親指と人差し指の間のコリを触診する手技)で、丁寧に診ていくと、右膝に対応するオデコのH点と呼ばれる生え際付近に、痛みが集中しています。一本置鍼するたびにに、チェックしてもらいます。

「Cさん、どうですか~?」

「何ですか・・・これ?膝が軽なってるんですけど・・・」

「おもしろいでしょ~~」

「Cさん、今度はどうですか?」

「・・・正座できなかったんですけど・・・・出来るような気がする・・・・・出来た!」

「ほんとだ、凄い!・・・・・じゃ今度は、ベッドの方に行っていただいて、仰向けになっていただきます。」

仰向けになったCさんの足ウラに鍼を置鍼します。

京都出張治療中に見つけた「腰痛点」と、最近見つけた「膝痛点」を、左右に合計9本。

「先生、今の鍼・・・腰でしょう!」

「そう!」

「腰にど~んと来て、ゆるんでいくのが分かる!」

「・・・・・今度は、膝に来た。膝から下だけ、鳥肌が立った・・・・・」

Cさんは、感覚を素早く的確に言葉にしてくれます。

後は、ゆっくりJ-POP の曲を聴きながらゆっくりしてもらいます。

腰もゆるみ、膝も軽くなったCさん、可愛い息子さんとルンルンで帰られました❣️

うどん職人は頻尿にならない

90才代の男性患者Aさん、主訴は頻尿。

前回は、左足首のむくみがひどいので、左右のソケイ部をほぐし、左内踝(くるぶし)も軽くほぐしました。

高齢のため、むくみの激しい左脚の腎経(足裏から内くるぶしを上がるライン)に5カ所置鍼し、足底の圧痛点にパイオネックス(円皮鍼)を貼って終了。

2回目の本日、

「調子はいかがですか?」

「あんまり、変わらんな。」

しかし、左足を見ると、むくみは全くありません。少し前進しているようです。

NHKの「ためしてガッテン」で、讃岐うどんの職人さんが、頻尿にならない理由を説明していました。職人さんは、うどんのコシを強くするため、材料をしっかりと踏み込みます。

この作業が、頻尿にならないポイント。

仙骨神経に含まれている副交感神経が膀胱に関与しており、この神経は足底まで伸びる神経とつながっています。足底を刺激することで、膀胱に関与する副交感神経が刺激され、頻尿でなくなるそうです。

また、獨協大学の山西友典先生が、下記の説明をされています。

尿意を感じるときに重大な役割を果たす膀胱からの神経は、脊髄(神経の大元)につながり、その脊髄からの神経は、尿道、肛門の筋肉や肛門周りの皮膚、さらには足の方まで伸びています。そして、その神経が最も身体の表面近くに出てきているのがくるぶし周りなのです。

膀胱から脊髄につながる神経も、くるぶし周りを通る神経も複雑に枝分かれしていますが、ちゃんとつながっています。ですので、離れた場所でも刺激を加えることで、その刺激が膀胱周りの神経に伝わり、なぜか不調の部分が改善されるということが研究で明らかになっています。

またアメリカでは、そのくるぶし周りに電気で刺激するという頻尿治療が行われていて、実際に6~8割の方に効果があった、というデータがあります。

足底以外に、内踝(くるぶし)も効果がありそうです。

そこで、今回は、左右の足底に弱めのお灸を、しっかりして終了。

4日後の来院が楽しみです。

初めて少し成果あり

去年9月から約8カ月も、1~2週間に1度のペースで来院される60才代の女性患者Bさん。

坐骨神経痛と脊柱管狭窄症と診断されています。

痛みはほとんど無いのですが、ヨタヨタとしか歩くことが出来ません。

MRIで脳を検査しても異常はありません。

当院で、あらゆる事を試みても、成果が上がりません。

それでも、来院してくださります。大変申し訳なく、大変ありがたいのです。

山元式新頭鍼療法(YNSA)で頭に置鍼した後、

「Bさん、最近は足ウラに鍼を刺しているんですけど、やってみましょうか?」

「はい・・・・・・・・・・・痛い‼️痛すぎる・・・・」

ということで、お灸をすることにしました。左足ウラの圧痛点を丁寧に調べると15カ所ありました。それぞれに3~5壮のお灸をして、特に痛みの強い7個所にパイオネックスを貼り治療終了。

翌日、娘さんとお孫さんを連れて来られ、

「今日は、左の足だけは軽いわい❗️」

初めて、ほんの少し成果が出ました。もうこうなったら、Bさんの足ウラにトコトンこだわっていこうと思います。

モゾモゾ体操(その22)

今回は、ベッドの高さと重力をお借りした体操の別バージョンです。

前回のモゾモゾ体操は、「ぞうきん絞り」のイメージで、おへそを中心に下半身と上半身が逆の動きをしましたが、今回は、下半身と上半身が同じ内回りの動きをします。

前回と同様に、ベッドの端(はし)に寄り、右肩を上に横向きになります。次に右足をゆっくりベッドより下に下ろしていきます。

上になっている右腕を、軽くあげ、中指を軸として小指を内側に回していきます。すると、カラダは連動して右下半身が、より下に動き可動域が増えてきます。

呼吸は、以前にお教えした方法で、無理なくやりましょう。

  1. ①自然呼吸②吐きながら(できれば、鼻から)③吐き切ったら、ゆっくり吸いながら→可能な限り息を吸い、息を止めます→一気に吐きます。

モゾモゾ体操(その21)

今回は、ベッドの高さと重力をお借りした体操です。

イメージは「ぞうきん絞り」おへそを中心に下半身と上半身が逆の動きをします。

ベッドの端(はし)に寄り、右肩を上に横向きになります。次に右足をゆっくりベッドより下に下ろしていきます。

上になっている右腕は、後ろに伸ばします。

右足と右腕が一直線になったイメージから、右足は内回し、右腕は中指を軸として、小指側を外回し。

左手は、伸びている右太ももに軽く触れるだけで、十分な介助となっています。

無理せず気持ち良くやりましょう!

モゾモゾ体操(その20)

モゾモゾ体操(その15)のバリエーション(そのV)

前回まで、

「仰向けになり、両膝を立てて足を開きます。左手はお尻の下、右手を立てて中指を軸として小指を外側に回します。」

のバリエーションで、枕をクスノキにし、右足に人工芝を置き右足母趾球に力が籠(こも)るようにして可動域を増やしました。しかし、これが最大可動域ではあリません。

人工芝に、踵(かかと)を置くと、踵(かかと)を支点とし右足母趾球が動くことで、左下半身への連動が大きくなり可動域が増えます。

 

長年の頭痛が治りそう

3年前から、頭痛に悩んでいる40才代の女性患者Cさんの続報です。Cさんの大好きなサザンオールスターズの曲を流した空間でゆっくりしてもらいます。

前回は、足を頭とみなし頭痛の個所に対応する足の圧痛点に鍼を刺して抜く方法(単刺といいます)で治療しました。

この治療は今まで以上の効果がありました。

先週の日曜日に治療して、3日後の水、木、金曜日と調子が良く、3年前から毎日あった頭痛が、ほぼ無くなりました。土曜日には、頭痛が再発しますが、以前ほどの痛みではありません。

今回、Cさんの痛みは、左側頭部と、左顎関節の下あたり。

普段痛くない右側頭部は、指先で軽く押すと、押した個所が痛くなっていました。ところが今は、押しても痛くありません。やはり、効果があるようです。

まず、山元式新頭鍼療法(YNSA)の合谷診(親指と人差し指の間のコリから、刺鍼個所を決定)で頭に置鍼していきます。Cさんの頭に5~6本刺す内、徐々に左側頭部痛がなくなりました。

残りは、顎関節下あたりの痛みです。

これは、前回同様、左足に鍼を刺し治療します。今回は左足踝(くるぶし)周辺の圧痛点に赤鉛筆で印をつけました。痛みが小指側に散らばっています。その中の痛い個所をCさんに聞き、細い鍼でやや浅めの置鍼をする事にしました。

「顎(あご)の痛みは、どうですか?」

「0ではないですが、0.5くらいになっています。痛いというより、違和感くらいです。」

随分良くなっているようです。そこで、今度は、左足親指の真ん中よりやや右の圧痛点にお灸10壮。

「違和感が移動しました。ここです。」

やや顔の中央に移動したため、お灸する個所も、やや中央の圧痛点。6壮で違和感がなくなりました。

さてさて、来週の日曜日までCさんの頭痛がどうなるのか?・・・楽しみです❣️

大相撲、ゲストの武井壮さんが凄い

武井壮さんは陸上10種競技の元日本チャンピオン。経歴を見てみると、野球を皮切りに、あらゆるスポーツに精通し、トレーナーとして生活していた時期もあります。「百獣の王」という代名詞が付き、スポーツの垣根を取り払い爆進中、今でも1時間以上トレーニングを欠かさないそうです。

そんな武井さんが、大相撲のゲスト。アナウンサーと解説の北の富士に挟まれながらも、理路整然としかも熱く相撲解説をしてくれました。

いつもは、マイペースで「北海道の広野」を感じさせる北の富士さんが、今回は真剣に考え込む場面もありました。

その1

武井さんは、関脇御嶽海関を相撲の稽古をしたことがあるそうです。その時、御嶽海関が

「押しの基本は、骨盤が開く(後屈)すること」と指導してくれたそうです。運動神経抜群の武井さんが、指導通りにすると、あの重い御嶽海関を押し出すことが出来たそうです。

ぶつかった後、骨盤が開く(後屈)ことで、足から踏み込む力が、上半身に効率よく伝わるそうです。その話を聞いた北の富士さん、

「へえ~~初めて聞いた・・・・私は、突き押し相撲じゃあなかったから・・・御嶽海が教えてくれたの?・・・・へえ~~」

その2

「白鵬関に稽古をつけていただいた時、回しを切る位置が1cm違っても切れないという事も、身を持って知りました。モンゴル相撲の技術が新たに導入され、融合された相撲となっているように感じますし、相撲の歴史が科学的な見地と融合しながら進化しているのも感じます。」

その3

武井壮さんが、

「北の富士さん、今の相撲と昔の相撲の違いはありますか?」

「・・・・・・う~~ん、今は、外国からの力士が増えて来たよね。昔は日本人ばかりで・・・・・外国から国を捨てて来た力士は、ハングリー精神があるよね。昔の日本人力士も、国に錦を飾るという気持ちはあったよね。」

「じゃあ、精神という基本は同じですね。」

等々、相撲の本質をついた話が続きました。これからも、武井壮さんが相撲解説で百獣の王になっていただきたいのです~~

ゴルフコンペで準優勝

70才代とは、とても思えない筋骨隆々の男性患者Aさん。前回は、ゴルフコンペの前日に、来院され体調万全にされました。結果は、何と準優勝。

「準優勝したんよ・・・テレビにも出たんよ」

「えっ~~、それは凄い!午前中だけでなく、一日中調子良かったんですか?」

私の治療は、午前中まで効くが午後から調子が悪くなるパターンだったのですが、少しレベルが上がったのかも・・・

「午後の方が良かった、OB叩かんかったら、優勝じゃった🏆」

2日に1回プールで500m泳いでいるAさんには、本当に頭が下がりますm(_ _)m

「今日は、腰が張っとるんと、足のウラのしびれとるんが気になっていかんのよ。特に足のウラは、気持ちが悪うて悪うていかんのよ。」

山元式新頭鍼療法(YNSA)で19本置鍼。途中でクシャミが連続して出るAさん。

「花粉症よ。」

そこで、オデコの感覚点・鼻の個所と、腕の肘下横紋の外側にあるツボ(尺沢=しゃくたく)に、パイオネックス(円皮鍼)を貼ります。

「不思議じゃな~~、腰がゆるんできた 。」

山元式新頭鍼療法(YNSA)の効果が出てきました。

「ゴルフボールで足ウラをゴリゴリしたら、指の根元に痛い痛いところがあらい。」

「今日は、そこに鍼を刺しましょう!」

という事で、左右の足の腰痛点2カ所と、指の根元の圧痛点4カ所に置鍼をし、30分間、

Aさんの好きな演歌を聴きながらゆっくりしていただきます。最近の治療は、頭と足に置鍼をし、後は好きな音楽を聴きながらウトウトしていただくパターンが多くなっています。

「それでは、ゆっくり起きていただいて宜しいでしょうか・・・腰痛はどうですか?」

「だいぶ、ようなった。」

「足のしびれはどうですか?」

「軽減した。」

「くしゃみはどうです?」

「治った、ハッハハ❣️」

と、笑顔のAさんでした。