操体法と鍼3本

右肩が上がらないと来院された80才代の女性患者Bさん、あれから10日ほど経ちました。

「先生、まだちょっと右肩に痛みが残ってるの・・・・」

「ううん・・・どうすると痛いですか?」

「・・・左はこんなに上がるのに・・・・右は、上げる途中でここ(三角筋前部繊維という肩の前面部)が痛くなります(左より可動域も小さい)。」

「そうしたら、今日は操体法でやっていきましょう。」

ということになり、ベッドの右端に仰向けで寝てもらいます。右肩の三角筋前部繊維と対応するのは、右大腿部の大腿筋膜腸筋だと思っているので、この筋肉狙いで操体法を行います。Bさんの右脚をベッドの外に出してもらい、つま先を内側にし私が軽く両手で固定します。Bさんには、つま先を外側に移動しながら右脚を外側に開く様な動きをしてもらいます。この動きで大腿筋膜張筋に圧力がかかります。

「先生、気持ちいい・・・効いてる感じ・・・・・」

この操法を終えて、Bさんに右腕を上げてもらうと、痛みが少なくなっていましたが、まだ痛みが残っています。今度は、大腿筋膜張筋の圧痛点に軽く指先を置く操法。5分ほど続けて、

「Bさん、右腕上げてみてください。」

「・・・・・いいみたい、もうちょっとだけ・・・・」

そこで、鍼治療にチェンジ。オデコに2本(B点、C点)耳上に1本(Iソマトトープ)。

「・・・・痛くない。先生、いいみたい。」

可動域も左腕と同じになりました。操体法との併用は効果的です。

 

骨盤調整その2

本日は、明日制作のYouTubeの台本です。

なぜ骨盤にズレが生じるのか?

全ての人々にとって、右利き、左利き、効き目など生活する上で、やり易い動きがあり、それが生活習慣となり自然と歪みが生じ、骨盤に現れる。特に利き手ばかりを使う仕事の場合、顕著に現れると考えられる。

傾向1、右利き→左重心→左骨盤が下がる(左右差がある人の80%は、左脚が長い)

傾向2、生活習慣でカラダの歪みについて考えていない

→考えてたとしても、どうしていいか分からない

解決方法

操体法の快高圧(今昭宏先生の造語)

快高圧のメカニズム

同じ姿勢をとり続けたり、使い過ぎたりして、血流が悪くなったり、強張(こわば)った筋肉を伸展させ、軽く屈曲する動きに抵抗を与えることで、悪い個所に圧力がかかり、血流を促す。

結果、強張(こわば)った筋肉が緩む。

二人で行う方法

傾いている左足カカトを施術者が親指で押し上げ骨盤の左側を肋骨に近づける。すると、反対にある右の筋肉(腹横筋、腹斜筋)が伸びる。

そして、患者さんに縮んだ左脚を踏み込んでもらうと、自然と右脚が徐々に縮んで右の筋肉(腹横筋、腹斜筋)に圧力が掛かり、右の縮んでいる筋肉の血流が良くなり、緩む。

一人で行う方法

左右差確認方法

1:仰臥位で内踝(うちくるぶし)の位置を比較しどちらが長いか確認

2:1で確認出来ない場合

足を半歩前に出して、左右どちらが重心安定なのか確認→安定している側が長い(骨盤が下がっている)可能性大。

柱の角に骨盤の下がっている側の足(カカト)を押し付け、膝が軽く浮く状態(骨盤を上げている)を作る。

→カカトを柱に踏み込むと、反対の脚が縮んで圧力が掛かりやがて緩んでくるため、左右差がなくなる。

一人で行う方法 その2

仰臥位で長い方の脚の膝を立てて、短い方の脚を立てた脚の間(お尻と足の間)に置きます。短い側の股関節を伸展し、長い方の足(カカト)で、短い側の足首からふくらはぎを押し込む。

八木彩霞

ヒロ彩霞(画家)の展覧会最終日が、萬翠荘という国の重要文化財でありました。そこで、八木彩霞という画家の波瀾万丈人生講話がありました。ちょっとややこしのですが、八木彩霞のお孫さんが、ヒロ彩霞という女流画家です。萬翠荘館長・片上雅仁氏によるもので、90分があっという間に過ぎていきました。片上館長ほど博識の人物に、お目にかかることはまずありません。飲み会で、どんな話題が出てもツラツラと立板に水の如く言葉が流れてきます。

今回は、お孫さんのヒロ彩霞さんから八木彩霞の資料を山の様に戴き、徹底的に勉強されたようです。今や、日本で最も八木彩霞を知る人でしょう。松山に帰って来て、まだ知られていない偉人が地方にいることをしみじみ感じます。地方がこれから面白い。

http://yagisaika.com/profile.html

骨盤矯正

 

骨盤調整

次回のYouTubeは、骨盤の修正にしようと思います。
例えば、仰向けになって左脚が1.5cm右脚より長いとします。それは、骨盤が左に傾いていることを意味しています。これを操体法で調整する方法は、傾いている左足カカトを私が親指で押し上げ骨盤の左側を肋骨に近づけます。すると、反対にある右体側の筋肉(腹横筋、腹斜筋)が伸びます。

そして、患者さんに縮んだ左足カカトを踏み込んでもらうと、自然と右脚が徐々に縮んで右体側の筋肉(腹横筋、腹斜筋)に圧力が掛かり、右の縮んでいる筋肉の血流が良くなり、緩んできます。これを仙台の天才操体師・今昭宏先生は、快高圧という言葉で表現されています。

筋肉は縮むのがお仕事。それを伸ばした(伸展)状態にして、縮むお仕事をしてもらうとストレッチ以上の効果が上がるのです。これが原則なので、全ての筋肉を狙って様々な操法を作っていけます。次回は、それを一人でどの様にするか・・・・・現在、検討中です。今週中に作れるはずです。

 

ホームページの変更

昨日に続いて、ホームページの変更を試みています。幸い、松山市針灸師会が作成した「助成制度のご案内」チラシに「はり・灸」を簡潔に紹介している項目があったので、ありがたく頂戴しました。下記のように変更します。

当院では、※山元式新頭鍼療法(YNSA)という頭に置鍼する治療及び、※操体法(カラダの歪みをとる民間療法)による治療を実施しています。また、この2つの療法を融合した施術も行なっています。患者様と相談しながら患者様に1番合った治療を心がけています。

はり・灸にはこんな特徴があります

1:生活習慣などの予防医学のひとつとして注目を集めています。
2:身体と心のバランスを調える全身治療で自然治癒力を高めます。
3:痛みを和らげ、血行を改善し、病気に対する免疫力を強めます。
4:習慣性や副作用がなく、安心して治療を受けることができます。

はり、灸はこんな病気に効果があります

1:整形外科系の病気
肩こり症、変形性脊椎症、頸肩腕症候群(手のしびれ感と痛み)、寝ちがい、むち打ち症、五十肩、テニス肘、変形性膝関節症、捻挫、打撲、腰痛症、ぎっくり腰、椎間板ヘルニアなど

2:脳神経科系の病気
神経痛(三叉神経痛・肋間神経痛・坐骨神経痛)、顔面神経麻痺、自律神経失調症、頭痛、めまい、不眠症など

3:循環器科系の病気
どうき、息切れ、心臓神経症、高血圧症、低血圧症、不整脈など

4:呼吸器科系の病気
風邪ひき、せき、気管支炎、気管支喘息など

5:消化器科系の病気
胃炎、胃下垂、胃酸過多症、食欲不振、下痢、便秘など

6:耳鼻咽喉科系・口腔器科系の病気
急性扁桃腺炎、アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎、耳鳴り、中耳炎、難聴、メニエール症候群、歯痛、歯肉炎、口内炎など

7:泌尿器科系の病気
排尿困難、膀胱炎、尿道炎、前立腺炎、インポテンス、遺尿症、尿失禁など

8:眼科系の病気
仮性近視、眼精疲労、ものもらい、白内障など

9: 産婦人科系の病気
生理痛、更年期障害、乳腺炎、冷え性、逆子など

10:小児科系の病気
夜泣き、夜尿症、小児喘息、虚弱体質など

11:内分泌科系の病気
糖尿病、バセドウ病、肥満症など

12:皮膚科系の病気
じんましん、帯状疱疹など

YNSA

あじさいの杜鍼灸院を、開設し5年目になりました。ホームページは当時のままなので、新しく書き換えなければなりません。現在は天城流による治療はやっておらず、山元式新頭鍼療法(YNSA)と操体法のみの治療です。そこで、ホームページに記載する山元式新頭鍼療法(YNSA)の紹介文を考えました。

山元式新頭鍼療法(YNSA)

YNSAは、山元敏勝医師が150万人の患者さんを診ながら、頭の治療点を発見し続け、ソマトトープ(小さな人型の投影)という現象を見い出しました。これは、体表(主に頭皮)に現れる治療点に、12経絡(ツボの流れ)を組み入れ、脳神経や目、鼻、口の治療点も見い出した画期的な治療法です。

具体的にいうと、首や上腕の圧痛点を診断し、頭部治療点に置鍼をして首や上腕の圧痛点を無くすことで、自律神経・内臓を整える治療を行います。その後、患者さんの痛みに対応する治療点に置鍼をする即効性のある治療です。

医療大国であるドイツ、アメリカをはじめブラジル、オーストラリア、イタリア、スペイン、スイス、ハンガリー、ルーマニア、フランス、ポーランドなど世界14各国で医学的に効果を認められ、数十万の医師がYNSAの治療を行っています。

当院長は、2020年2月23日に上級セミナー2を修了。
以降、鍼治療はYNSAのみで行っています。

鍼を刺す姿勢

「私の右脚には10人の脚が、束(たば)ねてあるんです。」

と、痛い右膝のことを表現していた70才代の女性患者Cさん。最近では、1本脚になっていますが、施術後2日ほどで元に戻っていました。ところが今朝、初めて自分の右脚で立っている感覚になったそうです。

「先生、今日が今まで一番いいです。」

この言葉をいただくのに初診から10ヶ月かかりました。週に一回通っていただき、改めて「継続は力なり」と感じたのです。ただ、右膝がまだしっかりと伸び切ることはないそうです。

足の合谷診(第一中足骨と第二中足骨の間の触診):右

普段は、左に反応することが多いのですが、今回は右足が反応しました。やはり、何かが変化しているのだと思います。

膝診(膝窩横紋周辺の触診)

左:頸椎(1)、胸椎(0)、脳幹(0)

右:胸椎(1)、腰椎(1)

膝診の良いところは、膝窩横紋(膝ウラの横紋)の圧痛点の個所で胸椎(1番~12番)のどこが悪いか、ピンポイントで分かることです。ピンポイントで分かると治療点である眉の上の位置がハッキリ分かります。(  )内の数字は圧痛点が無くなった時の置鍼数。(0)は、他の置鍼の影響で圧痛点が消えたことを意味します。

首診:

Cさんが初診の頃は、私が指を首に近づけるだけで、Cさんは異常に反応してほぼ全てに激しい痛みを感じていました。その頃に比べると首の反応は1/4程度になってきました。徐々にですが良くなっています。

左:腎(1)、膀胱(1)、肝(1)、胆(1)、心(2)

右:なし

基礎治療と内臓調整を行った後、右膝治療となります。膝はG点という側頭部にあり、4本置鍼し終了となりました。鍼を刺す体勢が非常に大切であると、最近意識するようになりました。丹田を意識して指で押すのではなく、微妙な体重移動で鍼を刺す・・・です。(気づくのが遅い・・・)

右腕が上がらない(その2)

3日前に「右腕が上がらないんです。」と来院され、12本の置鍼で右腕があがるようになった80才代の女性患者Bさん。

「Bさん、右腕上がりますか?」

「ええとね〜・・・上がることは上がるんですけど・・・・下す時、あ痛ったた・・・・」

「あ・・・そうか、そしたら今日は、操体法をしましょう。」

と、トンスケ(骸骨モデル)の肩甲骨と骨盤を指さして、

「Bさん、肩甲骨と骨盤って似てるでしょう?Bさんは右の肩甲骨あたりが痛いんだから、右の骨盤にも痛いところがあると思いますよ・・・ここ(骨盤)がゆるむとここ(肩甲骨)がゆるむ事が多いんですよ。」

早速、ベッドで仰向けになってもらい腰の圧痛点を探して、陶石をベッドに置きゆっくり腰を下ろしてもらいます。

「Bさん、痛すぎたらやめてくださいね・・・・どうですか?」

「効いてる感じ・・・・気持ちいい。」

こんな会話を続けながら、Bさんに右腕を下げる時の痛みを聞いて、その個所から下肢で対応する個所を推測し陶石の位置を決めます。ここで、少し専門的になるのですが、上肢と下肢の対応する筋肉を私の勝手な解釈で列挙してみます。

三角筋前部繊維⇆大腿筋膜張筋 三角筋中央部繊維⇆中臀筋 三角筋後部繊維⇆大臀筋

棘上筋⇆小臀筋 棘下筋⇆梨状筋 小円筋⇆双子筋 大円筋⇆大腿方形筋

最後の2つは「こじつけ」っぽいですが、棘下筋⇆梨状筋は何となく合っているような気がします。Bさんはいつのまにか、良くなっていました。

「先生、これだったらゴルフボールで出来ますね。」

「そう出来ますよ・・・・やってみてください。」

これからは、Bさんにも操体法の指導をしていくつもりです。

膝痛が鍼2本で治った

70才代の女性患者Bさんが、籐の丸イスに座るや否や、

「先生、急に左膝が痛なった!」

痛そうに左膝をさすりながら、おっしゃいます。日課となっているグランドゴルフが出来ないとお友達に迷惑をかけるので、心配そうです。

上腕診の代わりに膝診で頸椎、胸椎、腰椎、脳幹、大脳、小脳の状態を診断しているので、膝の状態がよく分かります。早速、足の合谷診(第一中足骨と第二中足骨の間の触診):左(左側から始めます)。

膝診(膝窩横紋周辺の触診)

左:胸椎(1)、腰椎(1)、脳幹(0)、大脳(1)、小脳(0)

右:なし

Bさんの左膝窩(膝ウラ)は、どこを触っても痛くて張っています。そのなかでも最も痛い内側圧痛点を触って、Bさんの左眉の治療点に1本置鍼。

「痛い!先生、ものすごく痛い!」

「・・・・・(これは、効いたと思いながら、Bさんの左膝ウラを触れる)・・・あれ?」

「先生、どしたん・・・・(膝ウラが)痛ない・・・柔らかい!」

「どしたん・・・・(膝ウラの)どこ触っても柔らかい・・・Bさん、ここ(ふくらはぎ外側)は?」

「痛いです。」

「そしたら、もう一本刺そわい・・・・(耳前の圧痛点)・・・これで、どうですか?どうすると膝は痛なります?」

「歩くと痛いんです。」

「そしたら、歩いてみてください・・・・どうですか?」

「・・・・・あれ?痛ない!・・・・怖(こわ)・・・どしたんたった2本で!」

2人で顔を見合わせて驚いてしまいました。本来上腕診(肘窩横紋周辺の触診)で頸椎、胸椎、腰椎、脳幹、大脳、小脳の状態を診断して、頭部に置鍼して、肘内側をゆるめるのですが、山元式新頭鍼療法(YNSA)では肘=膝という原則があります。今回はこの原則にピッタリはまったようです。

後は、大脳の治療点と、首診で内臓の状態を診て、側頭部の治療点に5本置鍼して終了。

「先生、最初の2本の痛さと、他の鍼の痛さが全然違う。やっぱり痛いほど効くんじゃね。」

「ほうじゃね~」

と、同感したのでありました。

ギックリ腰治療から5日目

4日前に、ギックリ腰で来院されたの40才代の女性患者Cさん、長時間イスに座っていると、まだ腰に痛みが出てくるそうです。そこで、足の合谷診(第一中足骨と第二中足骨の間の触診)、膝診(膝窩横紋周辺の触診)、首診(内臓の状態診断)を行ったあと、操体法をすることにしました。

ベッドで仰向けになって、両膝を立ててもらいます。左右にゆっくり倒して、どちらが楽に倒せるか?このカラダの聞き分けが重要です。そして、楽でない方にもう一度倒し、私がその体勢を両手で保持したまま、Cさんにはゆっくりと楽な方に動いてもらいます(実際には、私が保持しているため、Cさんに大きな動きはありません)。これを2回繰り返して、左右の両膝倒しがスムーズになってきました。

しかし、骨盤の左上に痛みが残ります。そこで、陶石を左肩甲骨の下にある圧痛点に置き、Cさんは仰向けのまま、ゆっくり微妙な動きをしてもらいました。4〜5分経過で充分でした。これでかなり腰痛が軽減。次に肩甲骨の圧痛点に私の右中指を置くだけの操法を7〜8分して、鍼治療となりました。

足の合谷診:右(右側から始めます)

膝診
左:胸椎(0)、腰椎(1)、脳幹(0)、大脳(0)
右:胸椎(2)、腰椎(0)

膝窩あたりの圧痛が頭に置鍼することで、なくなります。( )内の数は圧痛が無くなった時の置鍼数。(0)は、他の置鍼により圧痛がなくなった事を意味してます。この時点で、Cさんの腰痛はなくなりましたが、首診で内臓の状態を知り、頭に置鍼をして内臓を整えます。

首診
左:腎(0)、膀胱(1)、大腸(0)、小腸(0)
右:肝(0)、胆(1)、心(0)

左右それぞれ1本ずつの置鍼で終了。

操体法を組み合わせての治療は、効果的。鍼の本数が少なくなるような気がします。