明日、遠征旅行なのに・・

 

「先生、今日はお休みですけど、息子を診てもらえないでしょか?」

日曜日の午前中に電話がありました。

明日、松山から大阪、静岡、東京と遠征旅行に出発するバレー部の中心選手のお母さんからです。練習が終わった午後2時から診察することにしました。

N君は、身長が169cmにもかかわず、320cmの最高打点でアタック出来る能力を持っています。右利きのため、左足で踏み込み右腕でアタックします。どうしても左足に負担がかかるため、左足のふくらはぎに痛みがあります。

早速、左ふくらはぎの皮膚をつまみ、痛みがあるかどうか診ます。

「痛った((((;゚Д゚)))))))」

どこをつまんでも、痛みがあります。ただ炎症はありません。特に、足の小指側に

最大圧痛点があります。

また、前回説明したように「形態的連動」として右腕にも圧痛点があります。やはり、

右腕の小指側に最大圧痛点並んでいます。

そこで、右腕に鍼とお灸をします。ところが、なかなか左ふくらはぎの痛みが取れません。

炎症していないので、左ふくらはぎに直接、置き鍼をすることに決めました。

「N君、どう?」

「まだ、痛いです。」

「・・・・今回は、しつこいな~~」

ふと、気になった左足の指の緊張。

「N君、ここ痛ない?」

「痛った((((;゚Д゚)))))))」

左足の甲の指と指の間(中足骨の間)に、異常な圧痛点があります。足底にも同じようにあります。これらのコリをていねいに指とダイオード鍉鍼で取っていきます。

「N君、どう?」

「あっ、大丈夫です!」

という訳で、左ふくらはぎの痛みがなくなりました。

ただ、理由はよくわかりません。言えることは、「最初の直感を大事にすること」です。

「形態的連動」ばかり気にするあまり、「足の指、変だな~」と思ったことを無視していたようです。

今日も、良い勉強になりました。ありがとうございます。

「ネンザの高校生」再来院

前回の症例「ネンザの高校生」が2週間後に、再び来院。

「右足の内側の痛みが、外側に移動したんですけど・・」

どうやら、1度目の治療でかなり回復したので、普通に練習をしたようです。その結果、

無意識に右足の外側を使い炎症を起こしてしまいました。

まず、氷と水を入れ0度にしたビニール袋で、患部を冷やします。

「どう?気持ちいい?」

「ハイ、気持ちいいです。」

この感覚が大切です。患者・K君の表情、態度を敏感に察知しましょう。

続いて、患部の範囲を探し出します。皮膚をつまみ、痛い所が患部の範囲です。

前回の治療時は、ネンザをしてから2週間経過していたのですが、明確に

「形態的連動」が現れていました。

「形態的連動」というのは、K君の右足首内側のネンザが起きた瞬間、その負荷が対角の左手首内側に移動し、ダメージを軽減させる自然法則のことを言います。その法則は時間にも左右されます。1ヶ月ほど経つと右足首への負荷が、左足首にも移動し、それ以上経つと同側の右手首にも移ります。

K君の場合、ネンザから1ヶ月経つので、反対則の左足にも出ているはずです。

まず患部の右足首の範囲を皮膚をつまみながら探します。確かに外側に広がっており、

つまんだ痛さも、外側の方が痛いそうです(薄みどりの斜線部)。

患部の右足首に対応する左手首の最大圧痛点は、やはり外側に集まっていました。今回は、連動部位(水色の斜線部)の中のツボに鍼とお灸。圧痛点が無くなるまでしつこく治療しました。

前回では、治療しなかった左足首の連動部位(水色の斜線部)にも、しっかり圧痛点が移って

います。こちらも代表的なツボに置鍼。

連動部位の圧痛点を治療することで、患部の治療になるのがポイントです。

K君、練習疲れのためか、気持ち良さそうに眠っているので、置鍼したままにしました。

「じゃ~ 、ゆっくり起きて下さい。どうですか?」

「あっ、大丈夫です!」

「これで、遠征行けるね~~」

「ハイ!」

と、K君にっこり。

12月25日から大阪、静岡そして、春の高校バレーに出場のため

東京に遠征です。

ガンバレ新田高校\(^o^)/

ネンザの高校生

高校バレー部の男子患者さん。
ボールを踏んでしまい、右内踝(うちくるぶし)をネンザし、2週間経過。なかなか治らないので、当院に来られました。

以前にも書いた事がありますが、強い負荷がかかりネンザした瞬間、対角の関節にも同じく負荷がかかります。

今回の患者さんの場合、右内踝ですから、左手頸(てくび)の内側に負荷がかかります。
そして、もう2週間経っているので、反対の左足内踝にも負荷が移行しているはずです。

写真のように右内踝を囲み✖️印が見えます。これは、皮膚をつまんで
痛みを感じた箇所にボールペンでつけたものです。

右足に対応する左手にも皮膚をつまんで痛いところが写真のように✖️印であらわれます。

この左手に鍼と灸を施(ほどこ)します。
また、反対の左足にある圧痛点(右足と同じ箇所にあらわれます)に、鍼を軽めにさします。
実際に、痛みのある右内踝にも、軽めの鍼。

最後に、右小指の圧痛点を丁寧に探し、お灸をして終了にしました。

「あれっ!軽い。歩いても、痛くない!」

この声を聞くためにやっているのです〜

足が棒のようになり、眠れない75才男性

足が棒のようになり、眠れない75才男性

とても75才とは思えない松山市在住の筋肉質のスポーツマン。ところが、1ヶ月ほど前から
1日に2~3回右足が棒のように固まって、眠れなくなり来院されました。

スポーツが好きな患者さんは、動きの操法がぴったりはまることがあります。
そこで、左の肩を上にして、横向きになってもらいます。
私は、患者Kさんの左手首と、右足首を持ち、私の右足ウラを患者さんのお尻に当て、えび反らし。

「ヨイヨイなんぞ〜、こりゃ効く!」

どうやら、はまったみたいです。
そこで、歩いてもらいます。

「ありゃ〜違和感は、ないぞな。」

引きずって歩くようなことはありません。
ただ、ガニ股で歩くため、腰の横にあるくぼみから外踝(くるぶし)
のラインに、負荷がかかっているようです。

今回は、直接右足に鍼を刺すことにします。
右横向きになっていただき、太ももに鍼2本刺し置きし、膝から外踝(くるぶし)までの圧痛点に、鍼を刺していきました。特に外踝(くるぶし)周辺が重要です。

次に、仰向きになってもらい、太ももの圧痛点と、内踝(くるぶし)周辺の圧痛点に鍼を刺し置きします。
それでも、太もものウラに違和感があるため、ストレッチをします。

仰向けの体勢でKさんの右足ウラをしっかり保持したまま、天井に向かってゆっくり上げていきます。ベッドに対して、右足が90度近く。

「ヨイヨイこりゃ〜かなわん。」

顔を真っ赤にして力んでいるKさんに、

「Kさん、息吐いて、吐いて・・そう、そう・・そう、そう」

スポーツマンは、ついつい全力で力む傾向があるので、息を吐きながら動くことをすすめます。
Kさんは、瞬時に理解し上手にストレッチできました。

「先生、足軽なったぞな。ええ調子じゃ。」

ということで、初日は終了。

3日後に来院。

「先生、足が重い感じはあるけんど、痛みはないわい。」

前回以上に動きの操法を入れることにしました。
自家製の足ツボ刺激板(写真参考)を歩いてもらい、ダイオード鍉鍼(写真参照)を使って足のウラ、甲の筋膜はがし。
股関節の回旋、上肢の回旋、前回同様のエビ反り。

「かあ〜汗が出るがい。ヨイこりゃ〜・・先生、あんたも疲れるじゃろ!」

「全然!」

私のことを心配してくれるほど、余裕ができているようです。
その後、前回同様、下半身に置鍼して終了。

その後1週間おきに来院し、丁度3週間経ちました。

「先生、もう足が痛いじゃの、重いじゃのいうことは、全くないわい。ちょっと足が疲れたら、嫁に足を伸ばしてもらうんよ。
それがの〜、でかいケツを乗せて来るんじゃけん、たまったもんじゃないわい。」

どうやら、ご夫婦で養生されているようです。
これが、一番大切なことです。
Kさんは、すっかり良くなり健康管理のために、2週間に1回のペースで来院されています。

1年ぶりのギックリ腰

1年ぶりのギックリ腰

高い所にあるものを取ろうとしたときに、激痛。

その日は、歩くことも出来ず、やっと歩けるようになり来院されました。

1年前にも、同じような状態になったそうです。

着替えをすることも出来ません。

「Wさん、一番楽なポジションになって下さい。」

「そうですね、横向きですかね。」

ゆっくり、ゆっくりとベットに横たわっていただきました。

 

3種類のクッションを使って、少しでも楽な位置を見つけます。

私が、操体法を習い始めた頃(17年前)、ギックリ腰は絶対安静が重要で、2~3日置いてから

治療するように教わりました。

その理由は、操体法の手技は、患者さんの動きを、引き出す必要があるからです。

つまり、八方ふさがりの患者さんは、動けないから操体法が出来なくなるのです。

そのため、操体法の手技で、皮膚を動かしたり、触れるだけの治療法が生み出されました。

事実、私の治療法として、患者さんの皮膚に触れるだけで治す時期が、4~5年ありました。

ただ、この手技は、患者さんの感性に左右されるため、その感性を感知する能力が試されます。

そのため、より確実な鍼灸を、現在は施術しています。

おっと~・・脇道にそれてしまいました。

ギックリ腰です・・腰が痛いから、腰に鍼を刺すようなことはしません。

Wさんの場合、ふくらはぎと、太ももの内側に飛び上がるほどの圧痛点があります。

原因は、この下半身の張りにあります。下半身の筋膜が、腰の筋膜を引っ張るため、腰の筋膜も、

それに負けじと綱引きをし、負けてしまい・・赤旗(痛み)を出すのです。

ふくらはぎの5ヶ所に、鍼を刺し10分ほど置きます。その後、お灸を3~10壮。

お灸は、なるべく圧痛点がなくなるまで時間をかけて行います。

これが、ポイントだと思います。

一度起き上がっていただき、腰の状態をチェック。

背筋を伸ばすことが出来るようになりました。

そのため、仰向けのポジションが可能となりました。クッションをうまく使い、無理のない位置を

確保します。

今度は、太ももの内側です。ここにも、飛び上がるほど痛いところがあります。12ヶ所に置鍼(10分)。

残った圧痛点にお灸を3~5壮しました。

「Wさん、ゆっくり起き上がって下さい。」

恐る恐る起き上がるWさん。

「あら~、楽です!」

キョトンとした表情で玄関をスタスタ出て行くWさんの姿が、今でも脳裏に焼きついています。

肩痛が15分で治った!

肩痛が15分で治った!

170cm足らずの身長ながら、三塁手で2番バッターのM君。
練習試合の応援に行くと、必ず2塁打を打って活躍しています。
そんなM君が、来院。

「先生、肩が痛いんです。肩の前側が痛くて・・特に、背中に手の
甲を回そうとすると、とても痛いです。」

「それから、ボールを投げた時にも痛みが走ります」

と、深刻そうな表情です。センスがいい選手は、ボールを投げる瞬間、
中指と人差し指でスナップを効かせて、回転のキレイなボールを投げます。また、ボールをしっかり握らなくてはならないので、小指側に力が入ります。

ここからは、東洋医学的な見方をします。
気というエネルギーが通る流れが、カラダに14本あります。
ボールを投げるとき、中指、人差し指、小指が大事ですが、これらの指と気の流れを調べて見ます。

写真(正面)のミドリの流れは、胸から出て肩の前側を通り中指まで。

ムラサキの流れは、人差し指から肩の真ん中を通って、鼻まで。
このムラサキの流れは、薄ムラサキの流れと合流します。ですからムラサキと薄ムラサキは表裏一体だと考えてください。薄ムラサキは、肩の
前側を通ります。

つまり、中指と人差し指は、痛めている肩の前側と関係あると考えられます。
そこで、親指と人差し指の間にある合谷(ごうこく)というツボに
お灸を7壮しました。

写真(後面)のキイロの流れは、小指から肩甲骨を経て耳まで。
よく使う小指と関係のある肩甲骨の圧痛点を見つけ、3ヶ所にそれぞれ
お灸を5~7壮しました。

すると、

「先生、痛くない!」

嬉しそうに肩をぐるぐる回すM君。
わずか15分の施術でした。

後にも先にも、こんなに早く治った背術はM君だけです。

継続は力なり

私は、毎日11000歩のウーキングと温泉浴を心がけています。ただ、裁縫を仕事としているため、肩コリに悩んでいました。整体院、鍼灸院を色々と渡り歩きましたが、なかなか治りません。

そんな折、「あじさいの杜鍼灸院」が、開院すると同時に患者になりました。去年の夏のことです。元気のいい観葉植物と、木に包まれた和風空間に、身を置くだけで癒されます。これだけ、木にこだわった治療空間は、生まれて初めての体験でした。

 しかも、大好きな演歌(有線放送で患者さんの好きな局を選べます)を聴きながらの治療は、快適です。最初は、1週間に2回。それから、1週間に1回。2週間に1回と通いました。

当初は、鍼灸治療ではなく、操体法だけでした。何度も通ううちに、鍼とお灸も試してみることにしました。それが、ナント気持ちがいいのです!すっかりトリコになり、

「先生、今日は、お灸お願いします!」と言うほどになりました。

治療だけでなく、先生から習った自力自療の操体法を、毎日続けたおかげで、もう2ヶ月、肩コリを感じていません。

継続はチカラなりと、つくづく感じています。

 

 

 

 

 

 

肘痛の治療例

2ヶ月前、右肘内側側副靭帯を部分断裂した大学野球部キャッチャー、D君としましょう。
このD君、2回の治療で練習を再開できました。

ベッドに仰向けになってもらうと、やけに右胸が出っぱっています。右膝、右手首もベッドから浮き上がって緊張しています。
また、右足が左足より10mm程長い。

大きなミットで速いボールを受けようとすると、どうしても重心を右に移して構えます。そのため、骨盤が右下がりとなり、右足が長くなるようです。

「チョット痛いかもしれないけど、ガマンしてくださいね〜〜」

と、親指で右胸の筋膜はがし。

痛いけれども、どこか心地良さがあるようだと、自然とカラダは動いて、その歪みを取るようです。

D君は柔らかい筋肉をしているせいか、これだけで足の長さが、整いました。

たまに、このような事があります(*゚∀゚*)

ついでに、足裏と肩甲骨の筋膜はがし。これで、血流が良くなるようです。次に、右肘内側側副靭帯(ケガしたところ)の対角にある、左膝外側側副靭帯に目をつけます。

カラダって、面白いもので、例えば右足の外踝(そとくるぶし)をねんざすると、必ず、左手首の外側のでっぱり(尺骨頭といいます)の対となる箇所に、同じ痛みが生じます(*゚∀゚*)

なぜかというと、突発的にカラダが負荷を受けると、それを弱める為に、カラダの反対側に散らすからです。
考えてみると、極々自然な現象。

ですから、負荷の掛かった反対側を治療すると、負荷が掛かったところも、治るという事が起こるのです。

今回は、右肘内側側副靭帯の圧痛点と対応する左膝外側側副靭帯の圧痛点に鍼。

そして、肩甲骨の圧痛点に鍼(天城流湯治法)。

その10日後、D君来院。
前回に比べ、はるかに良くなっており、表情が明るい。

前回と同様に、右肘の反対側の圧痛点にお灸と鍼。

これですっかり良くなりました。

若いカラダの自然治癒力、生命力のお陰です〜素晴らしい!

足の痛みに対する手首での治療例

バレー部の男子高校生A君。

左足の親指から甲にかけて痛く、歩く時、ギクッとした痛みが走るそうです。より高い打点を目指してジャンプして、右手首の母指球辺りで強打。

そのあと、左足から先に着地、といった一連の流れが習慣化しているはずです。

また、ボールをレシーブする際は、重心を低くして右手首から肘にかけての前腕を使うことが大半。

そうすると、カラダにどんな傾向が現れるでしょうか?

 

右手首から肘にかけて相当な負荷がかかってくると、対角の左足首から膝にかけて、その負荷を散らしていきます。

これが、自然な現象。難しい言葉で、「形態的連動」と呼びます。

負荷がかかってきた左足首に、スパイクを打ち終えたあとの着地で、もっと負荷がかかってきます。

しかし、A君の左足の親指から甲にかけての痛みの原因は、ほぼ右手首から肘への負荷だと、考えられます。

そこで、左足首と右手首をチェック。

まず痛い左足首。

赤ボールペンを用意し、親指から足首にかけて皮膚をつまみ上げます。

「痛い!」

刺すような痛みが走ります。その部位に赤ボールペンで印。

すると、親指から赤印が膝の内側に向け、一直線で10数個の赤印が生まれます。

同様に右手親指から、肘に向けて皮膚をつまみ上げると、左足に対応する箇所に、赤印が10数個。

足首が、炎症していれば、氷水で冷やすと効果がありますが、A君には、必要ないようです。

右手親指から肘にかけての赤印に、灸。皮膚をつまみ上げて、痛みがなくなるまで続けます。

1箇所に対して、5~7壮くらいになります。

そうすると、足首の痛みがなくなっています。A君は、翌日から練習を始めたそうです。

 

 

ムチ打ちによる頭痛の治療例

12年前に交通事故に会いムチ打ち。

それ以来、頭痛に悩まされ最近、仕事をやめたBさんが来院。

2回の治療で徐々に良くなり、今回は3回目。

ところが、あいにくの雨。低気圧になると、血管が膨張し血流が悪くなり、発痛物質が滞り頭痛をおこしやすくなります。Bさんは、左右側頭部が痛いそうです。

 

天城流では、頭部血流、リンパの流れは、左首から左側頭部、右側頭部から右首とし、左首に滞りがあると血流が悪くなり、絶えずチンチンとした頭痛(陽性の頭痛)となります。

右首に滞りがあると血液、リンパ液が溜まり押すとブヨブヨした感じの頭痛(陰性の頭痛)。

これは、解剖学的には、解明できないと思います。ただ、これを感じ、実際やってみると、治ります。

Bさんの首を触ると、明らかに右首が硬く詰まった感じです。

「右の方が痛い!」とBさん。

そして、頭皮に触れると、確かにブヨブヨとした感じです。血流が良くないので、左右の側頭部に滞りがあると考えられます。

そこで、Bさんに右肩を上にしてベッドで横になってもらいます。耳の後ろから鎖骨、胸骨にかけて長い筋肉が走っています(胸鎖乳突筋)。

耳の後ろの圧痛点(完骨穴といいます)に、鍼を刺し置きます。

そして、この筋肉の圧痛点3箇所にお灸を3壮づづ。そして、鎖骨の上の最大圧痛点に、しっかりお灸5壮。

これで、右側頭部痛が、なくなりました。

 

次に、左右の大胸筋、左右の肩甲骨、左右の腋窩(脇の下)の圧痛点に3~5壮のお灸。

手首、足首の圧痛点にお灸3壮。

ところが、まだ右鎖骨の上に「つまり感」は残っています。そこで、柔らかくなるまでお灸。すると、左側頭部痛がなくなりました!

次回、Bさんが来院されるのは、3ヶ月後。かなり、改善されたようです