歪んで生まれる

大沼四廊先生の「ナチュラルメディスン」という研究所では、さまざまな健康に関するチラシが置いてあります。その一部をご紹介します。

 

『大沼式人体科学・真の根治医療

衝撃の事実!!人は生まれながらにして歪んでいる!!

ヒトは、全身の関節が脱臼し、捻転しながら生まれてくる。→人は生まれながらにして体に歪みを持っている!

その歪みが、成長とともに安定するという事は保証されるものではない。

その問題に気づかず、生活を続けている人がほとんどと言っても過言ではない。発達障害、喘息、てんかん、自閉症、知的障害、ダウン症、小児アトピー、虚弱体質などが年々増加傾向にある。

病気は違えど、その背景には例外なく重篤な骨の癒着が内包している。しかし現在医療ではこの癒着や歪みが完全に見落とされている。骨盤、脊椎、頸椎の歪みが、脳脊髄神経の伝達を妨げ、臓器の機能を低下させ、呼吸器系や脳機能の働きを阻害し、さらには睡眠障害や精神疾患を引き起こす。

現医療では、歪みのケアがされておらず、原因不明のまま対症療法のみである。母体においても、産道が開いた状態で歪みを抱え、そのまま元の生活に戻り、様々な病気を発症する原因となっているのである。最も重要な事は、母子ともに産後の歪みケアを適切に行うことである。近い将来、これらのケアを保健医療に組み込むべきであると言える。』

皆さん、我々はカラダの関節を脱臼しながら生まれてくるのです。母親は骨盤が緩み、赤ちゃんは脱臼。これをしっかり元に戻すことが最大の健康術です。

私が東京医療専門学校の生徒であったころ習う病理学で、5割以上の病気が原因不明だったのには驚きました。原因が分からないのに治療が出来るわけがありません。なのに、大きな病院を建て最先端の機器、薬を提供して病院に人々を集めています。1人1人のカラダが本当の病院なのです。カラダは治ろうとしています。歪みを取り、良い食べ物を食べ、気持ち良く生活し、心や魂を磨いていれば、おのずと健康になります・・・お酒も忘れずに!

血液サラサラ

私は、ほぼ1日1食にしています。カラダをよく動かした時、2食の時もあります。午後に青汁を飲むことも日課の一つになっています。畑は無農薬なので、アオムシに食べられたブロッコリーと青じそ、それからキダチアロエがあり、これらを青汁にしています。青汁には、豆乳、豆乳で作ったヨーグルト、酵素、味噌、重曹、クエン酸などを適当に入れミキサーで細かくして飲んでいます。

体調は非常に良いのです。大沼四廊先生の研究所で、血液が食べ物で一瞬にして変化する体験をしたので、青汁を飲んだ瞬間に赤血球がサラサラになるイメージをするようにしています。イメージって大切だと思います。素晴らしい音楽を聴き、美しいイメージを浮かべるだけで、血液がサラサラになると思います。素晴らしい絵画、彫刻を見れば一瞬でもで血液はサラサラになると思います。

先日、市内の萬翠荘で作った作品は、ご覧になった方々の血液が綺麗になるような思いを持って作りました。「これはなんだろ?」などと考える前に、「あっっ凄い、えっっっ」という思いを持っていただく作品。それは、血液を浄化していると思います。それを目指したのです。もう今後は積み木活動(私の作品)はしないかも知れません、治療に専念したいのです。勉強、勉強!

参政党

 

今日は、参政党の党首、神谷宗幣氏と吉野敏明氏が朝10:30から高島屋の前で街頭演説、13:30からは、にきたつ会館で3時間45分(45分延長)の講演がありました。お二人共熱く今後の日本を語り、特に神谷党首が石川県に寺子屋のような学校を作っておられるのには感心しました。若者の自殺が多い、金太郎飴のような教育がまかり通る中で、子供が考えることが出来なくなっている。これは、大人の責任。GHQに日本を骨抜きにされ、中国に日本を乗っ取られててしまいそうになっているのに、対策のない日本政府。原子力潜水艦20隻を日本で作り見張りをさせるというアイデアは、少し希望が見えました。

ロシアまで敵に回し、中国には北海道を乗っ取られて・・・このままだと、本当に日本は滅びます。世界一古い文明をもつ誇り高い日本が滅びてはなりません。少しでも参政党のお手伝いをするため、6月22日午前中だけですが、ポスター貼り頑張ります。

サンゴと胎児

9年前に、名古屋予防医学セミナーで大沼四廊先生が、何故難病は、靭帯などが石灰化していくのかを解明したお話がありました。ざっくりとした内容で私が説明いたします。

ストレスが多いと血管が収縮し、流れが滞り新陳代謝が悪くなり、死んだ細胞が残る。そうすると、呼吸が浅くなり二酸化炭素を吐き出せなくなる。すると二酸化炭素を好み酸素を必要としない嫌気性菌が、二酸化炭素を取り込み石灰化するそうです。これは丁度、海のサンゴが二酸化炭素を取り入れサンゴを増幅するのと同じです。

大沼先生は、30年もの間、「なぜ石灰化するのか?」考え続け、ふと閃めかれたそうです。羊水は海水と同じ塩分濃度です。初期の胎児には骨はありませんが、いつの間に作られていきます。この過程がサンゴが出来る過程と同じなのです。羊水には二酸化炭素がありそれを好む嫌気性菌と一緒になり骨格を作り上げるそうです。

さて、そこまでは解明出来た大沼先生、「石灰化した靭帯は、どのようにすれば元に戻るのか?」

と頭の中がモヤモヤし、普段は余り読むことのない分厚い医学書を取り出し、机の上に置いたそうです。そして最初に偶然開いたところに、「乳酸菌がカルシュームを溶かす」と書いてあったそうです。奇跡的な出会いです。

特に、ぬか床には物凄く乳酸菌があるので、ぬか床自体を食するといいそうです・・・昔の日本の生活に戻ることが健康生活への道なのです・・・・漬け物・・・再挑戦するか!

素敵な歌声が・・

(ちょっと、歌っている様子をデッサン)

今日で萬翠荘の展示は終了。

3日間だけのアーティストはこれで終了。

こういう時は、素敵な出会いがあるものです・・・16時撤去なのですが、早めに13時ころ萬翠荘に。すると、ジャズシンガーの歌声が響き渡っています。積み木作家の私は、決まって壊れた積み木を作り続けなければなりません。いつものように壊れた積み木を積み直していると、心地よい本格的な女性の歌声。

この素敵な声は、萬翠荘の隣りにある愛松亭から流れていました。どうやら、無料コンサートが始まっているようです。丁度積み木を積み終えたころにコンサートも終了。ところが、その30分後に再びコンサートが始まったようです。これを逃してはダメだと急いで愛松亭に駆けつけ、坊ちゃん団子と抹茶のセット(650円)を頼み席につきました。

凄い迫力のシンガーです。歌の合間でバンドの紹介、ドラムを叩いていた男性は、NHKのど自慢で金を叩いていた人。ベースを弾いていたのは、元NHKのど自慢のベースを弾いていた人。地方都市の松山にこんな方々がいらっしゃることに驚きました。私もこの地方都市からボチボチ発信していこうと思います。いい出会いに感謝。

色々あった1日

日仏文化交流展で来日されているフランス所属団体の会長さんが、息抜きのため私の故郷に来られました。東温市にある惣河内(そうこうち)神社の社務所は、私が生まれ小学校5年生まで生活したところです。現在は、弟夫婦と母親が社務所の隣りにある実家に住んでいます。社務所には一畳庵という俳人・松根東洋城先生が1年半住まわれた実際には一畳半の畳間があり、見学することが出来ます。関係者合計6名が、社務所でゆっくりくつろぎタイム。梅雨前の清々しい天気に心地よいそよ風・・・新緑が鮮やかで、100種類ある山あじさいが清楚にたたずんでいました。

私は案内役を済ませた後、松山市内の萬翠荘に寄ってみました・・・思った通り作品は、どなたかが触れて、一部壊れていました・・・・積み木ですから、これも作品の一部、予定されたハプニング・・・予定されているので、本当はハプニングとは言えません。修復に30分ほどかかり、午後8時の治療のため帰宅。

40才代の男性患者Cさん、半年前から両腕を上げると痛みがあり、様々な治療を受けても治らないそうです。そこで、大沼四廊先生がやっておられた臀部のコリを取る操法をやってみました。

「どうですか?  腕上がりますか?」

「・・・あれっ、上がります。」

Cさんの痛みは面ではなく、両肩とも点で痛いので大沼先生の操法が効果あると思いやってみたのですが、効果が出ました。後は通常にの山元式新頭鍼療法(YNSA)で10→3位痛みが取れました。

今後とも、大沼式の治療法も加味しながら患者さんと向かい合っていこうと思います。

腸管絨毛細胞で造血

3日間アーティストをした後、治療家として再出発。愛媛という地方から本気で芸術活動をしている人々に会えて刺激になりました。昨日は疲れで歯が浮いていたのですが、一晩寝ると歯が落ち着きました。睡眠に感謝です。

大沼四廊先生のYouTubeを見ると、小腸で血液ができることの証明がしっかりありました。未だに血液が骨髄から出来ると信じている人々は、スッカリ騙されています。大沼先生は北海道生まれで、牛や馬の死骸などがあちこちで転がっている所で遊んでいたので、骨を持ってはよく折っていたそうです。

「あんなところに、血液なんかない!」

と、小学生の頃から思っていたそうです。しかも理科の時間に「血液は骨髄で出来る」と一行書かれているだけで、その工程も説明していないので、先生に聞いたところ、先生が説明出来ない。その先生が医者に聞いても、説明できない。大沼四廊先生は、もうその頃からウソだと見抜いておられたのです。まさしく天才です。血液は小腸から出来ます。

大沼四廊先生の「がんの盲点 白血病はがんでない」p150に、『哺乳類の第一造血は卵黄の膜で、第二造血は胎盤絨毛細胞で、第3造血は腸管絨毛細胞で造血されているのです。したがって食べ物が腸で消化され血液になるという故千島喜久男岐阜大学教授の腸管造血説が正しいと証明できるのです。

さて私の造血に対する結論は、医学の辞書に記載されている内容と大きな違いがあります。つまり、骨髄は辞書に書かれているように造血の臓器としては適していないと言うことです。医療に大きな影響をもたらす内容だけに、公的機関での検証の上、真実を明らかにして掲載していただきたいものです。』

とあります。1866年に骨髄造血説が世界中に広まり、未だに信じられていることの矛盾に気付きましょう!

もぬけの殻

(作品つくってぼーっとしてます)

3日間だけ、アーティストになって萬翠荘で作品を作りました。精魂尽き果てるとはこの事です。実際には2日と半日かかって作り上げました。充実感なんて全くありません。ただ空しさだけ・・・・もう全くやる気無し・・・もぬけの殻となってしまいました。

日仏文化交流展となっていますが、実際には愛媛在住の日本人の作品が7~8割。日本人の作品は見応えがあります。坂の上の雲ミュージアムは6月10日まで、萬翠荘は6月5日までです。興味のある方は、お越しください、無料です。

血液を浄化すると・・・

今日は、大沼四廊先生の名著「がんの盲点 白血病はがんでない」の終わりに書いておられる一節をご紹介します。

『現在の私は、身体に障害を持っている方の自然修復を研究しています。血液が浄化され、白血球が回復すると、病名に関係なく、本来の姿や形、またその機能も回復すると言う仮説がやはり的を射たと実感しています。その背景には、遺伝子疾患の遺伝子すら回復するということが確かめられたからです。難病には、必ず血管の退化が見られます。瞬時に回復するケースもありますが、血管が蘇生されるまで治療期間が長引くものもあります。血液をきれいにすることで代謝が始まり、正常になっていくのです。

治ろうとする治癒反応は、健常者だけのものではありません。それは、誰しもが持って生まれているものなのです。本来の状態に戻そうとする修復反応の遺伝子情報もまた、備わっているということです。眠っている遺伝子をいかにして目覚めさせるのか、それが適切な手当てになります。しかし、現在行われている日本の保健医療や対処療法の中にはそういう発想すら存在しません。』

私は、難病と言われている患者さんを治したことはありません。山元式新頭鍼療法(YNSA)を始めて3年しか経ってないので、当たり前です。YNSAでは、難病を多くの医師、鍼灸師が治しています。その方々は経験が豊富なのです。近い将来来られるであろう難病患者さんに、経験不足の私は、血液からのアプローチの方が良いかも知れません。ボチボチやっていきます。

ゴッドクリーナ

 

God Cleaner(ゴッドクリーナ)と呼ばれる大沼四廊先生が開発された血液の汚れを、すばやく排出する健康器具の体験をしました。薄めた食塩水にGod Cleaner(ゴッドクリーナ)を入れたバケツに両足を入れます。すると、出るは出るは・・・・・

「こんなに汚い物がカラダの中に入っていたの・・・・・」

ただただ呆然とするだけです・・・・が、結構気持ちいいのです。カラダの隅々まで掃除をしてくれている・・・・何もしないのに、ただ勝手に!30分で写真のように真っ黒の物質とコゲ茶色の物質が出てきました。真っ黒な疲労物質はタンパク質で、コゲ茶色の物質は脂肪だそうです。私は、西洋医学の薬を全く飲んでいませんので、この2色です。薬を飲んでいる方の疲労物質の色は白っぽいこともあるそうです。

大沼四廊先生著書の「椎間板ヘルニアは確実に治る」の一説を記載します。

慢性関節リウマチにら患し、関西から通院している方の解毒の状態です。(中略)

5分過ぎた頃から徐々に汚れが出始めました。アルミニウム、ヒ素、カドミウム、水銀などの有害なミネラルのほかに、酸化した脂肪やタンパク質など疲労物質を電気分解によって排出し、新陳代謝を正常にします。希釈した食塩水をイオン化し毛細血管の浸透圧を改善することで、超速で解毒し慢性病の改善と予防に役立ちます。

とあります・・・いつの間か口にしている農薬や添加物も、沢山出ていたはずです・・・・私の足からも。