前屈出来ない腰痛

インターネットを見て来院された50才代の女性患者Aさん、4日前に前傾姿勢を取った時に、腰から背中にかけて、痛みが走りました。前屈が出来ない状態です。

合谷診:左(左側の診断を行う)

膝診:頸椎#1(2)、胸椎#12(1)、

上腕診:腰椎(1)

首診:左腎(1)、左膀胱(0)、左胆(0)

右腎(0)、右膀胱(1)、

(   )内は置鍼の数

頸椎の治療点に2本置鍼して、診断点の圧痛が取れました。Aさん反応がいいので胸椎の置鍼に期待することにしました。というのは、上腕診と違い、膝診は頸椎#1~7、胸椎#1~12、腰椎#1~仙骨と細かく診断できるので、Aさんの胸椎#12に圧痛があるということは、上手く#12治療点に置鍼すると、胸椎#12の圧痛が無くなる可能性があります。置鍼して、

「Aさん、腰どうですか?」

「・・・・どこが痛いんか、分からんようになった。」

どうやら反応が出てきたようです。そこで、膝診では反応がなかった腰診断でしたが、上腕診を行うと反応があったので、腰の治療点に置鍼。

「Aさん、これでどうですか?」

「・・・・違和感が、無くなった・・・あれ?前屈できる!」

4本の置鍼で腰痛がなくなりました。あとは、内臓の治療点に置鍼して終了となりました。そのあとは、置鍼して30分時間があるので、血液の話、山元式新頭鍼療法(YNSA )などの話をして過ごしたのです。

「大変勉強になりました、ありがとうございました。」

のお言葉をいただきました。ありがとうございます。

 

鍼を刺さない鍼

40才代の男性患者Bさん、大きなバルブを回したり、無理な姿勢を取ったりする仕事(職業は聞いていません)をしています。左腕を水平後方に引くと肩(三角筋)に痛みが走るようになって2ヶ月経ちました。2ヶ月間我慢していたのですが、限界を感じて初めて来院されました。問診ではすこぶる健康。無理な姿勢で仕事をした為、肩に負荷がかかり痛みが生じたようです。

「私の鍼は、頭に刺すのですが・・・よろしいですか?」

「・・・・うん?・・・・そう言えば、頭に刺すと言ってたかな?」

奥様に「あじさいの杜鍼灸院」の名刺をお渡しする際、頭に鍼を刺しますとお伝えしたはずです。それを奥様は伝えてくださったのですが、Bさんはうる覚えで来られたのだと思います。

「それって、痛いんですか?」

「はい、結構痛いですよ・・・・でも、よく治ります。」

「・・・・鍼は痛くないと、思っていたのに(Bさんは、松山市内で通っていた鍼灸院がありました)!」

「足に痛くないお灸をすることもできますが・・・・痛くても、治ればいいんですよね・・・」

「・・・・まあ、それはそうですけど・・・」

と、Bさん来院されたのを少し後悔しておられます。そこで、畳部屋に移動して骨盤、鎖骨調整をしている途中、

『Bさんは、痛いのが嫌い・・・・いたって健康。そしたら、臀部の押圧と操体法で治そう!』

と、方針が決まりました。痛い肩が左なので、左を上にして横向き(左側臥位)になってもらいます。Bさんが痛いのは左肩(三角筋)。三角筋に対応するのは、臀部です。どういうことかというと、山元式新頭鍼療法(YNSA)では、おヘソを中心に折り曲げて対応する点が治療点として存在するという考えがあります。つまり、肘=膝、手親指=足親指という考えです。それで、私は三角筋=臀筋と考え臀部の圧痛点を丁寧に押圧することにしました。10分ほど経って、

「どうです?」

「・・・・あれ?結構・・・いい。」

「そうでしょう!・・・そしたら、軽く触れるだけにしますね。私が、鍼灸師になる前は、これで治していたんです・・・・(しばらく時間が経って)・・今、どうですか?」

「・・・・マジで?すごっ・・・痛ない!」

「もう少し、痛いところ探しますね。」

「・・・痛い!そこ(臀部)痛いです。」

「・・・・・軽く触れますね・・・(しばらく経って)・・・どうですか?」

「・・・痛ない、ちょっと違和感があるくらい。」

「来られた時が10の痛みだとしたら今はどのくらいですか?」

「1です。」

痛みが再発したら、来院する事をお伝えしし終了となりました。

 

指圧のみ

以前、ガニ股の患者さんの考察を下記のように記しました。

『ガニ股と右臀部痛を考える

70才代の男性患者Cさんは、右に側屈すると右臀部に痛みが出ます。Cさんは、仰向けに寝ると足の小指側全体がベッドにつき横一線になるほどのガニ股です。右側の深部にある筋肉が縮むことで坐骨神経を刺激している可能性はあると思います。理由は、Cさんが右側に側屈すると、      坐骨神経の流れにそって痛みとシビれが出るからです。

骨盤の外には、小臀筋、中臀筋、大臀筋といった筋肉があります。Cさんのこれらの筋肉はガニ股のため、かなり収縮していると思います。これらの筋肉を緩めるには、おヘソを中心にして対応する筋肉である上腕の三角筋前部繊維、三角筋中部繊維、三角筋後部繊維を緩めることです。つまり、中臀筋が痛いようだったら、上腕の三角筋中部繊維の圧痛点に刺鍼して痛みをとります。このように、おヘソを中心にして上半身と下半身が対応しそれぞれの治療点が存在します。しかし、小臀筋、中臀筋、大臀筋は、それほど深部の筋肉ではありません。

梨状筋(りじょうきん)を始めとする仙骨、恥骨、坐骨辺りの筋肉の方が内蔵に近く深部(骨盤の内側)にあります。それでは、これらの筋肉に対応する上半身の筋肉はどこでしょう?梨状筋は胸鎖乳突筋と対応しているように感じます。胸鎖乳突筋の深部には様々な筋肉があります・・・・これらの筋肉が仙骨、恥骨、坐骨辺りの筋肉と対応しているかも知れません。』

本日はCさんの診察日。やはり、右側に側屈をするとお尻の深部(梨状筋辺り)に痛みがあります。そこで、右側を上にして横向きになってもらいます。Cさんの胸鎖乳突筋を軽くふれると、

「痛った!」

硬く平たい感覚を感じられます。どうやら、「ここが緩むと梨状筋が緩む」と、確信めいたものを感じました。そして、今日は指圧だけで治そうと思ってしまいました。私が松山で開業する以前は、新宿の歌舞伎町にある「あしカラダ」というリラクゼーション店で2~3年働いており、指名客を抱えていたことがあったのです。鍼灸師だったので、リラクゼーションというより治療をしていました。その為、店長から「佐伯さんは、奥のベッドでやってください・・・皆んなとは違うことをしているので・・・」と言われていたものです。

ただ、鍼灸院を開業してからは、指圧の技は封印していました・・・・しかし、今回だけはどういう訳か、やってみたくなったのです。しばらくCさんの胸鎖乳突筋をほぐし、かなり柔らかくなった時、

「ちょっと、これでどうなるか・・・チェックしてみてください。」

「・・・・あれ?お尻の奥は痛ない・・・けど、ここ(臀部の表面)が痛なった。」

やはり、思った通り梨状筋と胸鎖乳突筋は相関関係にあるようです。そこで痛みがある大臀筋、中臀筋、小臀筋と相関関係にある三角筋の前部繊維、中部繊維、後部繊維を指圧。

「これでどうですか?ちょっとチェックをしてみてください。」

「あれ?痛ない・・・・けど、左のお尻が痛なった。」

「そしたら、今度は左を上にして横向きになってみてください。」

今度は、左三角筋の前部繊維、中部繊維、後部繊維をゆっくりと指圧。

「これで、どうですか?」

「左の痛みは無くなったけど、また右に少し痛みが・・・」

左、右と忙しく痛みが移りますが、今度で終わるだろうと思いながら、Cさんに右を上にして横向きになってもらい、再び三角筋の前部繊維、中部繊維、後部繊維を指圧。

「さて、これでどうですか?」

「・・・ああどうもない、全然違う」

ということで、終了となりました。Cさんには、硬式野球ボールを使って胸鎖乳突筋や三角筋に刺激する方法をお教えしました。次回は1週間後の来院となりますが、どうなっているか楽しみです。

音がした

私が鍼灸師になる以前、操体法でカラダの歪みを取ることをしていました。その時は、動きの操法と皮膚に軽く触れるだけの操法を併用してやっていました。現在では、鍼灸治療が主流になっていますが、山元式新頭鍼療法(YNSA)の治療点を指で軽く触れるだけで治すことも始めました。

鍼灸治療に抵抗を感じる人や、ストレスで疲れすぎたカラダの患者さんには、有効です。

前回にもご紹介した70才代の女性患者Aさんの続報になります。前回はオデコの治療点に軽く中指を置くだけで、黒い雲が首に湧いて来て、ゆっくり登頂部まで上ると出ていき肩が軽くなりました。今回も肩こりが気になるそうです。ベッドで仰向けになっていただき、足揉みができる位置まで、ベッドをあげます。まずは、足、指を揉む操法でゆっくりしてもらいます。Aさんの特徴は、常にカラダが緊張していることです。特に指先にその状態が出ています。足指を揉んでんいくと多くの患者さんは、足の力が抜け緩んでくるのですが、Aさんは緊張したままです。それでも気持ち良い」とおっしゃっています。

次に、後頭部へ両手のヒラを回し、水をすくうような感じでただ、じっとする操法。

「どうですか?」

「足に水が流れて始めた。」

前回同様、足に水が流れる感覚が生まれました。足指を揉んだ時に感じる緊張感を水が流れる感覚でゆるめているのかも知れません。いつも間にか、肩のコリが無くなっていました。

「どこか気になるところありますか?」

「やっぱり、左の膝が気になる。」

慢性的な膝痛を抱えるAさんに、足に見つけた治療点へ右中指を軽く触れる操法を始めました。すると、

「膝の筋が緩んできた。」

触れている右中指の先端から、何となくカックンと緩んだ感じがありました。

「あれ?音がした。」

私も音を感じました。こういうことは、良くあります。どうやらAさんには指先を触れる操法が合っている様に思います。最後に足揉みをして終了となりました。

3年ぶりの患者さん

3年ぶりに来院された70才代の男性患者Cさん、再来院から2回目 の治療となります。側屈すると右臀部から膝にかけて痛みが走ります。しかし、ゴルフスウイングのように捻(ひね)る動きでは痛みが出ません。昨日は、ゴルフを楽しんでおらたそうです。最近の治療では、畳部屋で骨盤調整と、左鎖骨の調整を最初にするようにしています。ただし、Cさんだけは、左鎖骨の調整をしないようにしています。前回の調整で、反対側の右肩辺りに痛みが生じたからです。理由はよくわかりませんが、かなりの痛みだったようなので、やめました。

治療を終えて、時間を置いた後、その痛みの理由を私なりに推測してみました。Cさんは、普段ガニ股歩きをしてます。そのため、畳部屋で仰向けになると、極端に足先が外側に開きます。つまり、背中側の筋肉が縮む傾向があるように思います。臀部に痛みがあるのは、ガニ股で臀部が縮んでその延長で脊柱起立筋を始めとした、背部の筋肉に緊張があるのだと思います。

その結果、前回治療(左肩甲骨付近に硬式野球ボール3個が当たるように、畳の上におき、患者さんは気持ちよさを味あう)では、左肩甲骨付近が緩んだぶん、右側が縮んで痛みが生じたのかも知れません。これは、あくまで推測なのではっきり言えませんが、今後ともCさんのガニ股と背中側、肩甲骨辺りの関係を調べてみようと思います。いつものように、頭に頭に10本の置鍼をした後、右臀部の痛みを聞くと、

「・・・まだ、お尻のほうに痛みがありますね・・・・太ももの外側の痛みは無くなっています。」

「そしたら、お灸をしましょうか?」

ということで、見つけた足の治療点にお灸をすることにしました。

「このお灸は、紫雲膏をたっぷり塗ったあと、モグサを乗せて火をつけるので、痛くないです・・・・どうですか?」

「全然痛くない。」

痛くないお灸を6壮した後、

「どうですか?」

「あれ?痛くない(右臀部)・・・・凄いな!」

「結構効くでしょ?・・・・ここへ、せんねん灸をすれば、いいんですよ・・・せんねん灸は、ちょっと高いから、紫雲膏とモグサ買ってやった方が、お得ではありますけど・・・」

「そうじゃね、紫雲膏とモグサを帰りに買います・・・・あれ、今度は左のお尻が痛くなった。」

「あああ・・・元々、左にも痛みがあったんですよ、右の痛みが無くなったんで、感じるようになったんですね。」

そこで、右足の治療点にお灸を3壮。

「どうですか?」

「・・・・・痛ない!」

ということで、本日の治療は終了となりました。

肩の痛みが無くなる

 

3週間前に作ったYouTubeあまり、見てもらってないのですが、肩こり、肩痛に効果があります。60才代の男性患者Aさんが来院。最近は畳部屋で両脚の長さを調整して、その後、左鎖骨の圧痛点を確かめて、その圧痛を取る操法をしています。Aさんは、6月7月と肩に何かが乗り付いたような痛みがあったのですが、8月になって痛みが無くなりました。

Aさんが仰向けになっていると、突然、左肩に痛みが出てきました。そこで、左の腰にある圧痛点に硬式ボールが当たるように畳に起き、両膝を立ててもらいました。山元式新頭鍼療法(YNSA)では、ヘソを中心に膝の治療点は同側の肘、足首の治療点は同側の手首と考えられており、肩ならば同側の臀部、腰にあたります。そのため、Aさんの左腰に硬式ボールを置いたのです。

次に、後頭部にラムダ縫合というへの字の形をした縫合に肩の治療点があります。中央部から2 cmほど左に左肩の治療点があります。ここに置鍼すれば治療になるのですが、硬式ボールを使ったセルフケアでできます。ラムダ縫合のAさんに仰向きになってもらい、両膝を立ててもらいます。つま先をそらすと連動してアゴが上がります。ラムダ縫合の中央部から2cmほど左の治療点に、硬式ボールの縫い目合わせると、治療になります。

「Aさん、肩の状態どうですか?」

「・・・・痛くないですね・・・・ここ(左肩)を摘んで押すと・・・痛かったんですが、今は痛くないですね。」

「結構効くでしょう・・・・これを覚えておくと便利ですよ。」

という事で、Aさんには、納得してもらいました。興味ある方は、YouTubeをご覧ください。

骨盤調整と手当て

(この場所は治療点ではありません)

 

体調管理で月に一回来院されている70才代の男性患者Cさん。今日は、あまり悪いところがありません。

「そうしたら、今日は足揉みをしましょう。」

と言うことになり、畳部屋に移動してもらいます。仰向けになったCさんはやはり、右足が1.5cmほど縮んでいます。この場合、足揉みをするだけでカラダがゆるみ、骨盤が元の位置に戻ります。15~20分足揉みをすると、左右差が無くなりました。山元式新頭鍼療法(YNSA)に於いても、上腕診で脳と脊柱の状態を診断治療する基礎治療を行います。これで、骨盤が元に戻るのです。同じ様に足揉みで骨盤が元に戻り基礎治療出来たことになります。

次に、仰向けになったCさんの後頭部を軽く私の両手のひらに乗せて、ゆっくりしてもらいます。しばらくすると、

「先生、左の腕(上腕)が痛くなって来たんですけど・・・」

「分かりました・・・・そうしたら、ここ(耳とこめかみの中間にある圧痛点)に痛いところありますか?」

とCさんに上腕の治療点に軽く右手中指の先を軽く触れる操法。これで、少し上腕が緩んだようです。ここまで来たら、私が見つけて勝手に治療点としている足のツボに軽くふれることにしました。

「先生、ゆるんで来て、気持ちいいです。」

やはり、この治療点は間違いないようです。これをどのように証明するといいのかが、難しいのです。

感覚の鋭い患者さん

60才代の男性患者Aさん、非常に感覚が鋭く鍼を刺すたびに、痛みがどこに走るか教えてくれます。今回は右側の首痛と左肩痛が激しくて来院されました。特に右側へ首を回すと右首の根元に痛みが走るそうです。

合谷診:人差し指と親指の間の触診→左に圧痛→左膝

膝診:頸椎#1~7(3)、胸椎#7、8、9、12(1)、腰椎#6(0)、大脳(1)、小脳(0)

首診:右大腸(1)、右三焦(1)、左腎(0)、左膀胱(1)、左肝(1)、左胆(1)、左心包(0)、左大腸(0)、

左三焦(1)、左胃(1)、左脾(1)、左小腸(0)

(   )内は置鍼数

最近は上腕診の代わりに膝診のみにしています。理由は、詳細に痛みや硬結が分かるからです。そして、治療点(オデコ中央部)に爪を立て押圧すると、膝の診断点が反応するのが分かるからです。特にAさんのように感覚の鋭く素直な患者さんは診断点の緩みが面白いように分かります。

「痛い!・・・・あれ?首がよう回る・・・先生、この1本だけで、治った・・・そんな気がする。」

Aさんにはこの鍼が頸椎の治療点に刺しているとは、言っていないのにかかわらず、首が良くなったと教えてくれました。膝診では頸椎の1番から7番までの状態が分かるので、この1本で頸椎が完全によくなってはいない事が分かります。まだ、膝に痛みが残っているからです。そこで2本目の刺鍼。

「痛った!・・・・ここ(右側頭部)に走った・・・・ひどいな!あれ?ノドが楽になった・・・声がよう出る。」

なぜ右側頭部に痛みが走ったのか分かりませんが、ノドが楽になったのは、頸椎の治療点に刺鍼したためであろうと思います。次に胸椎の12番の診断点(左膝ウラ外側)の圧痛を左眉毛の内側上に置鍼して、左膝ウラの圧痛点が緩み柔らかくなったのを確認。この置鍼の影響で膝ウラ中央部の圧痛点がなくなりました。また、腰椎の診断点の圧痛もなくなりました。Aさんのように感覚の鋭い患者に接すると、改めてYNSA の創始者・山元敏勝先生の凄さを感じます。ピッタリと治療点と診断点が合致し、しかも他の診断点にも影響を与えるのが分かります。山元先生は、数多くの鋭い感覚の患者さんからの発見を独自に体系化されたのです。まさに天才です。

膝診の次は首診です。Aさんは右首に痛みがあるので、首の痛みを取る絶好のチャンスです。治療点は側頭部、頭頂部とあり、そこに置鍼します。胃の治療点(側頭部)に置鍼すると、

「ここは、胃の治療点です。」

「思い当たりがあります・・・暑いけん、冷たい水よう飲んどる・・・・目がよう見えるようになった。」

Aさんは、目に反応することが多いのです・・・というか、YNSAでは目が良くなったという患者さんがかなりおられます。この理由をもう少し考える必要があります。Aさんの訴えていた右首の圧痛部は、ちょうど大腸と三焦(消化器)の診断点にあたります。そこでそれぞれの治療点(頭頂部)に置鍼。

「先生、左より首が回るようになった・・・・ひどいな・・・先生、あとは左の肩だけじゃ。」

左の肩狙いでB点(オデコ中央部)に置鍼。

「先生、もう十分じゃ・・・・これで、ええもう痛ない。」

Aさん自ら、治療の終了宣言。本当に楽で楽しい患者さんです。

鍼を打たない鍼灸院

(写真は、ご本人とは関係ありません)

50才代の女性患者Aさん、3ヶ月前に来院され、1回の治療で良くなりその後、順調だったのですが腰痛が再発。調理の仕事のため、立ちっぱなしで両手も良く使うので、肉体的に大変です。前回は鍼治療だったので、Aさんはもちろん鍼治療に来られました。鍼治療の前に畳部屋で骨盤調整と鎖骨調整(最近の治療では、これを取り入れています)を行います。Aさんにとって、この操法が合っていると感じたので、もう少し続けることにしました。

大沼四廊先生に承諾を得て、骨盤調整と鎖骨調整は、操体法で行なっています。操体法の基本理念は、「カラダの歪みを気持ち良く正す」です。この治療法を20年以上行なっているので、鍼治療が嫌いな患者さんには、操体法のみの治療も可能です。

「どうですか?・・・腰」

「何か良いみたい・・・・肩を緩めると・・・・目が覚めてきた。」

「血流が良くなっているんですよ・・・・そしたら、今度は別のことをしましょう。」

大沼四廊先生に習った万能ゴムバンドの脚巻きをすることにしました。

「・・・結構キツく縛るんですね・・・えええ~こんなに!」

「ボクも、最初は恐々(こわごわ)やってたんですよ・・・でも、全然大丈夫なの・・・毎日、自分にやってるんじゃけど、血管年齢10才も若くなった!」

Aさんのゴムを解(ほど)くと、

「足の血色が良くなった・・・・軽い、右脚に比べて、左脚が軽い!」

今度は、右脚をゴムグルグル巻きで両脚が軽くなりました。ついでに両肩のゴムグルグル巻きで治療終了。

「どうですか?」

「腰、全然痛くない!」

鍼治療が怖い方は、こんな治療法もあります。興味ある方は、いつでもお待ちしています。

委中というツボ

 

60才代男性Aさん、3週間前にギックリ腰になり、2日間はベッドから動くことが出来ない状態。1週間は仕事を休み、その後歩行可能になったので、出勤出来るようになりました。前傾姿勢を取ると、腰全体が固まったようになり、痛みを感じます。

合谷診:人差し指と親指の間の診断、左に圧痛があるので左側を診断

膝診:胸椎#6、7(1)、脳幹(1)、大脳(1)

首診:右腎(1)、右膀胱(1)、右大腸(0)、右三焦(1)、左大腸(0)、左三焦(1)、左小腸(0)

(   )内は置鍼の数、(0)は置鍼しなくても圧痛点がなくなった事を意味します。

私は、勝手に上腕診と膝診を併用しています。上腕診では全く反応がなかったのですが、膝診では反応(圧痛点)があったので丁寧に診断、治療をしました。特に気になったのは、胸椎#6、7の診断点。この治療点は、膝ウラの中央部に位置します。ここは、委中(いちゅう)というツボなのですが、このツボは、腰痛のツボとして有名なのです。ということは、この委中が緩むと腰痛が解消する可能性があります。胸椎#6、7(1)=委中の治療点は、左眉毛の1cm上の中央部の圧痛点です。置鍼後、

「どうですか?・・・・前かがみをして・・・痛いですか?」

「・・・・・痛くない!」

やはり!と思ったのです。眉毛の上の治療点の置鍼は、膝痛を解消します(YouTube参照)。

その上、腰痛に効くとなると非常に便利な治療点になるかも知れません。今後とも研究する価値があるようです。

その後、万能ゴムバンドで両脚、骨盤のグルグル巻きをして終了となりました。まだ動作は腰痛を怖がっておますが、痛みはほぼないようです・・・・良かった、良かった!